チョン・ウンギョン疾病管理庁長「ワクチン接種後にも集合禁止免除はない」

양정미 기자

登録 : 2021-02-24 17:43 | 修正 : 2021-02-24 17:43

[写真=聯合ニュース(24日、コロナ予防接種に関する特別ブリーフィングを行っているチョン・ウンギョン疾病管理庁長)]


防疫当局が新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の予防ワクチンを接種しても、集合禁止免除などはないと明らかにした。ただし、接種者が感染者と接触した場合、自己隔離期間の縮小などは検討することにした。

チョン・ウンギョン病管理庁長は24日、コロナ19予防接種特集ブリーフィングで「予防接種を受けた場合、予防接種証明書の発給が可能」とし「ただし、証明書があるからといって集合禁止施設への出入りや集合禁止免除については検討していない」と述べた。

また「ただし、接種を受けた人が患者と密接に接触したり、(患者に)露出した場合に自己隔離を免除するか、海外入国者が証明書を持ってくる場合に隔離期間を免除するか、そして療養病院の従事者は定期的に1~2週間間隔で定期的に検査を行うが、こうした防疫指針を変更するかについて検討していると伝えた。

さらに「ワクチン接種者に恩恵を提供する計画があるか」という質問には、「予防接種を受けた方々に一定施設を出入りすることなどは、今のところ適切ではないと思う」という立場を明らかにした。

その理由としては「(恩恵を与えることが)接種を受けられない妊婦・小児・青少年や接種に同意しない人に対する差別になる可能性がある」とし「接種で得られる健康上・社会経済的な利益に対する情報を透明に提供する」と述べた。

この日のブリーフィングに同席したチェ・ウォンソク高麗大安山病院感染内科教授は「十分な免疫反応が形成されるまでは少なくとも1~2週間程度の時間が必要だ」とし「接種を受けたとしても手洗いとマスク着用など基本的な防疫規則は守り続けなければならない」と強調した。
top