26日からワクチン接種開始・・・午前9時から全国同時多発的に始まる

양정미 기자

登録 : 2021-02-26 09:10 | 修正 : 2021-02-26 09:12

[写真=写真共同取材団(25日午前、京畿道水原市の保健所に届いたアストラゼネカワクチン)]


新型コロナウイルス感染症(コロナ19)ワクチン接種が26日から本格的に始まる。ただ、政府は最近話題となっていたワクチン接種「第1号」を特定せず、同時多発的に接種を開始する方針だ。

コロナ19予防接種対応推進団は25日、予防接種が同日午前9時から全国で同時に始まると明らかにした。

26日には療養病院・療養施設などの満65歳未満入所者・従事者を対象に、翌日の27日からはコロナ19患者を直接治療する病院の従事者を対象に予防接種が行われる予定だ。26日午前9時から全国的に同時に始まる療養病院や療養施設の65歳未満の入院入所者および従事者は皆最初の接種者になる。

チョン・ウンギョン疾病管理庁長は、「今回接種されるワクチンは食品医薬品安全処の3重検証手続きを経て許可されたか、世界保健機関(WHO)で安全性と有効性に対する検証を経て使用承認されたワクチン」とし、「世界的にもすでに多くの人が接種を受けているワクチン」であることを強調した。また「集団免疫形成のため、接種順序に該当する方々は予防接種に積極的に参加してほしい」と呼びかけた。
top