サムスン物産、1.8兆ウォン規模のカタールLNGプロジェクトの単独受注

박수정 기자

登録 : 2021-03-03 13:45 | 修正 : 2021-03-03 14:48

[サムスン物産、1.8兆ウォン規模のカタールLNGプロジェクトの単独受注]



サムスン物産が国内外のLNG施設の施工経験と技術力を基に、グローバル市場を拡大している。 シンガポール、マレーシア、ベトナムなどに続き、今度はカタールで超大型プロジェクトを受注した。

サムスン物産の建設部門はカタールで約1兆8500億ウォン規模の液化天然ガス(LNG)の輸出基地建設工事を単独で受注したと2日、明らかにした。

今回のプロジェクトはカタール国営石油会社(Qatar Petroleum)が発注したもので、LNGの輸出に向けたタンクなどを建設する事業だ。

サムスン物産は単独で設計・調達・施工(EPC)を随行し、18万7000㎥のLNG貯蔵タンク3期と港湾接岸施設3ヵ所、運送配管などを施工する。 工事金額は16億7000万ドル(約1兆8564億ウォン)だ。 工事は57ヶ月の期間を経て、2025年11月に竣工する。

世界最大のLNG生産国であるカタールは全世界的LNGの需要増に合わせ、ノースフィールド(North Field)ガス田の生産量を増やし、輸出基地を拡張する事業を進めている。

サムスン物産は多数のグローバルLNGプロジェクトと港湾施工経験、カタール複合発電の修行経験をもとに、競争力のある入札提案を通じ、プロジェクトの受注に成功した。

実際、サムスン物産はシンガポール、マレーシアのLNGターミナル工事を成功的に終えており、ベトナム初のLNGターミナルプロジェクトを受注し、工事を進行している。

特に、シンガポールのLNGターミナル3段階プロジェクトは世界最大容量(26万トン)のLNG貯蔵タンクという記録を残した。 国内でも75つのLNGタンクのうち、約1/4人である18つを施工した経験を保有している。

さらにグローバルLNGタンクの13%を設計した子会社「Whessoe」の設計の力量を通じ、工期とコストを削減できる差別化された設計を提示し、発注先から高い評価を受けている。
top