"経営成果より生命が重要" 丁豪栄LGD社長、4大安全管理革新対策の発表

박수정 기자

登録 : 2021-03-03 14:38 | 修正 : 2021-03-03 14:38

["経営成果より生命が重要" 丁豪栄LGD社長、4大安全管理革新対策の発表]



先月、坡州(パジュ)事業場で化学物質事故が発生したLGディスプレイが特段の安全管理対策を打ち出した。 経営成果より役職員の安全と生命が重要だという丁豪栄(チョン・ホヨン)社長の確固たる意志が反映された。

丁豪栄LGディスプレイ社長は2日、事業場の安全管理レベルを根本的に革新するための「4大安全管理革新対策」を用意し、安全事故の原因の除去および再発防止に全力すると公言した。

具体的にLGディスプレイは△全事業場の精密安全診断 △主要危険作業の内在化 △安全環境専門人材の育成および協力会社支援の強化 △安全組織の権限と力量の強化などに乗り出すと強調した。

まず、全事業所の精密安全診断のため、グローバル専門機関と協力会社やLGディスプレイの労働者が一緒に参加し、リスク要素を導き出し、迅速かつ体系的な改善措置に乗り出す。

主要危険作業の内在化のためには危険要素を徹底的に管理・統制することができる運営体制を構築し、協力会社と十分な協議と協力をする計画だ。

また、安全環境専門人材の育成および協力会社への支援の強化にも乗り出す。 外部の専門機関と連携し、安全環境専門人材を育成し、多様な協力会社支援策を立てて推進する計画だ。

最後に安全組織の権限と力量の強化に向けて最高に安全環境責任者(CSEO)の新設し、CEOレベルの安全関連の権限を付与する計画だ。
top