2月の消費者物価指数1.1%上昇・・・農畜水産物の上昇率は10年ぶりに最大

양정미 기자

登録 : 2021-03-04 09:40 | 修正 : 2021-03-04 09:40

[写真=聯合ニュース(4日午前、統計庁のオ・ウンソン経済動向統計審議官が世宗市政府世宗庁舎で2021年2月の消費者物価動向を発表している)]


2月の消費者物価指数が5ヵ月ぶりに1%台の上昇を回復した。

4日、統計庁が発表した「2021年2月の消費者物価動向」によると、消費者物価指数は前月比0.5%、前年同月比1.1%上昇した。

前月比は農畜水産物、工業製品、サービスが上昇して0.5%上昇した。前年同月比では電気・水道・ガス、工業製品は下落したが、農畜水産物とサービス物価が上昇したものと集計された。農畜水産物は前月比4.5%、前年同月比16.2%上昇した。農畜水産物の上げ幅は2011年2月以来10年ぶりの最大だ。

農産物および石油類除外指数は前月比0.1%、前年同月比0.8%それぞれ上昇した。食料品やエネルギー除外指数は前年同月比0.3%上昇した。

生活物価指数は前月比0.9%、前年同月比1.2%それぞれ上昇した。食品は5.7%上昇し、食品以外は1.4%下落した。

生鮮食品指数は前月比7.4%、前年同月比18.9%上昇した。特に生鮮野菜(21.3%)、生鮮果実(28.3%)の上げ幅が高かった。
top