ソウル市、ワクチン接種後に初の死亡事例発生・・・「60代の男性」

양정미 기자

登録 : 2021-03-05 15:39 | 修正 : 2021-03-05 15:40

[写真=聯合ニュース]


ソウル市は新型コロナウイルス感染症(コロナ19)予防接種後、1件の死亡事例が報告されたと伝えた。市は現在調査を行っており、疫学調査および被害調査班を開催して因果性評価を行う予定だ。

5日、ソウル市によると、死亡したA氏(男・60代)は療養病院に入院した患者で、3月2日午後2時ごろコロナ19ワクチン接種(アストラゼネカ)後54時間経過後の前日午後8時30分ごろ死亡を確認した。また5日午前0時以降に届けが出された。

市は現在、該当件について自治区と共に疫学調査を行っており、本日午後、ソウル市や疾病管理庁、民間専門家と疫学調査官などで構成された「官民合同迅速対応チーム」会議を迅速に行う予定だ。

疾病管理庁は義務記録の調査や分析後、疾病庁の被害調査班を検討して予防接種との関連性を確認する計画だ。
top