LGエネルギーソリューション、GMと米テネシー州バッテリー工場の設立推進

박수정 기자

登録 : 2021-03-06 13:17 | 修正 : 2021-03-08 09:03

[LGエネルギーソリューション、GMと米テネシー州バッテリー工場の設立推進]



米最大自動車企業のゼネラルモーターズ(GM)がLGエネルギーソリューションとともに、テネシー州に2番目の電気車バッテリー工場を設立する案を推進している。

4日(現地時間)、ロイター通信などはGMがLGエネルギーソリューションと追加で最新の自動車バッテリー工場を建設する案を検討していると報道した。

両社は現在、オハイオ州に23億ドル(約2兆7000億ウォン)を投入し、バッテリー工場を建てている。 テネシー州に工場を建設する場合、オハイオ州に続き、2番目のバッテリー工場だ。

GMとLG側はテネシー州の関係者たちとバッテリー工場設立の問題を議論しているという。 工場建設候補地はテネシー州スプリングヒルに位置したGMの自動車組み立て工場の近くだという。

テネシー州に工場を建設する場合、オハイオ州と同様の規模になるものと予想される。 先立って、GMは2035年から電気自動車だけを生産するという計画を明らかにしている。
top