SKの崔泰源-ポスコの崔正友、自動車素材事業のために提携

박수정 기자

登録 : 2021-03-08 15:41 | 修正 : 2021-03-08 15:41

[SKの崔泰源-ポスコの崔正友、自動車素材事業のために提携]



崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長と崔正友(チェ・ジョンウ)ポスコ会長のお弁当分かち合いボランティア活動が両社の自動車素材事業協約につながった。

先立って、社会貢献活動で意を集めた崔泰源会長と崔正友会長は電気車など未来モビリティの核心である軽量化新素材の開発に向けて手を組んだ。

SKイノベーションは石油化学事業の子会社、SK総合化学とポスコが車両向け軽量化複合素材の開発に向けた業務協約を締結したと8日、明らかにした。

協約式にはナ・ギョンスSK総合化学社長、キム・ハクドンポスコ社長など経営陣が出席した。 今回の協約は両社がグローバル電気車市場の拡大による車両用部品市場の変化に先制的に対応するためであり、革新的な車両用素材の開発に対する必要性を共感して行われた。

キム社長はこの席で、"既存の鉄鋼基盤の車両用素材だけでなく、プラスチックなど他の素材との共同開発で、未来エコカー時代に備える"とし、"両社の長所を極大化できるソリューションの発掘に向けてSK総合化学とさらに協力する"と述べた。

ポスコとSK総合化学はそれぞれ保有したプラスチック素材および鉄鋼素材の生産・加工技術を提供し、一般的な車両用部品と比較してもっと軽くて丈夫な特性がある鉄鋼-プラスチック複合素材を研究開発する。

特に、電気車バッテリーパック(Battery Pack)の生産に適用できる複合素材、鉄鋼素材と接着力を極大化するプラスチック素材、自動車フレームのように外部衝撃に耐える特性が大きな車両用部品素材などの研究開発を検討する計画だ。

SKイノベーションは5年前から車両向け軽量化複合素材の開発のために準備してきた。 買収合併(買収合併)、ジョイントベンチャー(JV)の設立など様々な方策が検討されているポスコと気が合い、コラボレーションが行われたというのがSKイノベーション側の説明だ。 関連チームが既に構築されているため、今回の事業のための別途の組織は発足しない。

ナ社長は"化学・鉄鋼素材を生産・加工している両社間の相乗効果で、未来車時代に適した車両用新素材の開発が速やかに進められるものと期待される"、"SK総合化学は車両向け軽量化素材の開発分野を皮切りに、さらに多様な分野でポスコとの研究開発協力を強化する"と述べた。

SKグループとポスコは社会貢献活動も共にしている。 先立った1月29日、崔泰源会長は慶尚北道浦項(ポハン)製鉄所を訪問し、崔正友会長と「希望分かち合い弁当」を作って、独居高齢者家庭を訪ねて直接伝える時間を持った。

両社の合同ボランティア活動は崔泰源会長が崔正友会長に家で作って食べるような良質の弁当を脆弱階層に提供しようと提案したことによって推進された。
top