1月の銀行融資延滞率、0.31%記録・・・前月と同じ水準

양정미 기자

登録 : 2021-03-10 17:01 | 修正 : 2021-03-10 17:01

[写真=Gettyimagesbank]


今年1月末基準の国内(韓国)銀行のウォン建て融資延滞率が前月末と同様の水準を示した。

金融監督院は10日、1月末の国内銀行のウォン建て融資の延滞率は0.31%で、前月(0.28%)比0.04%pと小幅な上昇したと明らかにした。前年同月比では0.10%ポイント(p)下落した。

1月中の新規延滞発生額は前月比増加した1兆3000億ウォンを、延滞債権の整理規模は5000億ウォン減少した。

1月末基準、企業向け融資の延滞率は0.39%で前月末0.34%比0.05%p上昇した。

このうち、大手企業向け融資延滞率(0.36%)は前月末(0.27%)比0.09%p上昇し、双龍車の更生手続き申請などで延滞債権が増加した。

個人事業者向け貸出延滞率(0.24%)は前月末(0.21%)比0.03%p上昇を、家計向け貸出延滞率(0.21%)は前月末(0.20%)比0.01%p上昇と集計された。

住宅担保ローンの延滞率(0.14%)は前月と似たような水準を見せた。住宅担保ローンを除いた家計向け貸出(信用貸出など)の延滞率は0.37%で、前月(0.34%)比0.04%p上昇した。
top