LGエネルギーソリューション、米に5兆ウォン投資…バッテリー領域の拡大へ

박수정 기자

登録 : 2021-03-12 16:27 | 修正 : 2021-03-12 20:17

[LGエネルギーソリューション、米に5兆ウォン投資…バッテリー領域の拡大へ]



LGエネルギーソリューションが米国市場内のエコ産業の先導のため、バッテリー投資に乗り出す。

LGエネルギーソリューションは2025年まで独自に5兆ウォン以上を投資し、GMとの合弁法人も1工場に続き、上半期中に2工場投資を決定すると12日、明らかにした。

先にLGエネルギーソリューションは2025年まで5兆ウォン以上を投資し、米国にだけ独自に70GWh以上のバッテリー生産能力を追加確保するという目標を立てた。

投資が行われれば、LGエネルギーソリューション独自の生産能力は従来のミシガン工場(5GWh)と共に、計75GWhに増える。

特に、差別化された製品ポートフォリオを強みとし、電気車やESS用ポーチバッテリーだけではなく、最近急成長している電気自動車用の円筒型バッテリー分野も新規進出する。

LGエネルギーソリューションは米国現地に今年上半期まで少なくとも2ヵ所以上の候補地を選定することにした。以後、事業適合性の検討及び理事会の議決過程などを迅速に経て、本格的な投資を執行する方針だ。

70GWhの生産能力を追加確保することになれば、直接雇用人員4000人余りと工場建設期間の投入人員6000人余りなど1万つ以上の新規雇用創出ができるものと予想される。

米国内の直接雇用人員の場合、既存のミシガン工場1400人、オハイオ州に位置したGMとの合弁法人1100人を合わせると、6500人に達する。

LGエネルギーソリューションは下請け企業の同伴進出や現地化を積極的に推進し、2000年から電気車バッテリー研究法人を米国に設立して投資を続けてきた経験をもとに、R&D(研究開発)から製品の開発および生産だけでなく、原材料調達に至るまで米国内で差別化された安定的供給網システム(Supply Chain)を整えるのに主力する方針だ。

LGエネルギーソリューションは2000年、米国に電気車バッテリー研究所を設立し、20年以上の現地投資を進めてき、2012年にはミシガン州ホーランドに生産工場を設立し、成功的に運営した経験を積んだのはもちろん、米国の主要完成車メーカー3社(GM、フォード、クライスラー)を顧客として確保した唯一のバッテリーメーカーだ。

これと共に、LGエネルギーソリューションが米国に建設する新規工場は100%新再生エネルギーだけで運営し、真のグリーンファクトリーを構築する方針だ。すでにミシガンバッテリー工場は昨年下半期から新再生エネルギーだけで運営されている。

LGエネルギーソリューションは今回の投資計画の公開を通じ、最適の候補地選定に速度を高めるのはもちろん、米国市場でのバッテリー供給を懸念を払拭させ、グローバル自動車メーカーやESSメーカーとの米国関連の大規模プロジェクトの受注にも弾みがつくものと見ている。

これと共に、LGエネルギーソリューションはGMとの合弁法人の追加投資も積極的に検討している。合弁法人であるUltium Cellsは現在、来年の稼動を目標に、オハイオ州に35GWhの規模の1工場をすでに建設している。

LGエネルギーソリューションはGMとともに、上半期中に2番目の工場に対する具体的な投資規模と敷地を確定する予定だ。当該工場はオハイオ州にある1工場と同様の規模になるものとみられ、次世代先端技術が適用されたバッテリーを生産することになる。

GMは2025年まで30余りのグローバル電気車モデルを発売し、このうち、20余りのモデルを北米でも販売する方針だ。また、2025年まで電気自動車の販売比重を最大40%まで増やす計画だ。

LGエネルギーソリューションは2025年まで75GWhの規模の独自的な生産能力とともに、現在建設中のGMとの合弁法人であるUltium Cellsの35GWh規模の1工場に続き、同規模の2工場建設も行われた場合、計140GWh以上の生産能力を確保できるものと期待される。
top