ネイバー、役員119人に3111億ウォン規模のストックオプションを付与

양정미 기자

登録 : 2021-03-24 14:16 | 修正 : 2021-03-24 14:16

[写真=ネイバー提供]


ネイバーは24日、京畿道(キョンギド)城南市(ソンナムシ)の本社で定期株主総会を開き、役職員の株式買取選択権(ストックオプション)付与などの案件を処理した。

ネイバーは役員119人にストックオプション80万6000株を与える。これは前日の終値(38万6000ウォン)基準で3111億1600万ウォン規模であり、3年後に行使できる。

ハン・ソンスク代表が4万株、チェ・インヒョク最高運営責任者(COO)が2万株をそれぞれもらう。金額にすると、154億4000万ウォンと77億2000万ウォン相当の規模だ。

3253人の社員には、2年後に行使できるストックオプション111万4143株(約3624億ウォン相当)を与える。

この日の株主総会では、新韓金融グループのイ・ゴンヒョク未来戦略研究所代表が社外取締役に新規選任され、イ・インム社外取締役やチェ・インヒョク社内取締役は再任された。

一方、ネイバーは同日、取締役会を開き、役員や従業員への補償などを議論する方針だ。
top