韓国造船業界、3カ月連続で世界船舶受注量1位

양정미 기자

登録 : 2021-04-06 15:13 | 修正 : 2021-04-06 15:13

[写真=韓国造船海洋]


韓国の造船業界が1月と2月に続き、3月にも世界船舶受注1位を占めた。

6日、英国の造船・海運市況分析機関のクラークソンズ・リサーチによると、韓国は先月、世界の船舶発注量520万CGT(133隻)のうち286万CGT(63隻)を受注し、55%のシェアで1位となった。

中国が219万CGT(63隻・42%)で2位、ドイツが7万CGT(1隻・1%)で3位を占めた。

韓国の先月の受注量は、前月(295万CGT)比76%、前年同期(124万CGT)比320%増加した。月別基準では2015年6月以降の最大規模だ。

今年第1四半期の累計発注は1024万CGTで、このうち韓国は前年同期(55万CGT)の10倍に迫る532万CGTを受注した。シェアは52%に達する。中国と日本はそれぞれ426万CGT(42%)と35万CGT(4%)を記録した。

韓国は先月発注された超大型原油運搬船(VLCC)14隻の全量と、1万2000TEU(1TEUは20フィートコンテナ1個)級以上の大型コンテナ船52隻のうち34隻を受注した。

先月の受注残高は前月比329万CGT(5%)増の7429万CGTで、1月以降3ヵ月連続で増加した。国別の受注残高は中国2717万CGT(37%)、韓国2438万CGT(33%)、日本777万CGT(11%)の順となった。

造船所別では、サムスン重工業(705万CGT)が1位を記録した。続いて △現代重工業(534万CGT)△大宇造船海洋(474万CGT)△現代三湖重工業(430万CGT)△現代尾浦造船[010620](224万CGT)の順だった。
top