ハイト真露、昨年の日本輸出23%↑・・・・コンビニや家庭まで攻略

양정미 기자

登録 : 2021-04-07 10:32 | 修正 : 2021-04-07 10:32

[写真=ハイト眞露提供]


ハイト真露(ジンロ)が昨年、日本市場でフルーツ系リキュールの販売上昇で持ち直しに成功した。その勢いで、今年はコンビニや家庭市場まで攻略する方針だ。

ハイト真露は7日、昨年の日本焼酎の輸出額(フルーツ系リキュールを含む)が前年比約23%増加したと明らかにした。

会社側は、日本向けに輸出する酒類製品のうち、フルーツ系リキュールの販売割合が2019年比昨年は5倍以上上昇したという説明だ。

ハイト真露は最近、日本の主なコンビニにチャミスルやチャミスルマスカットなどを入店しており、全国のコンビニに主要製品を入店させるという戦略だ。

日本では最近、韓流の影響などでフルーツ系リキュールに対する関心が高まっている。昨年12月、日本のセブンイレブンやミニストップの全国店舗にチャミスルシリーズを出店し、今年3月からはローソンで販売を開始した。

ハイト真露は昨年10月にフルーツ系リキュールの成長に向け、「チャミスル」ブランドを日本で初めてテレビ広告を始めた。ユーチューブなどのオンラインチャンネルはもとより、屋外広告や交通広告も行った。

ハイト真露のファン・ジョンホ海外事業総括常務は、「日本の景気不況の長期化による酒類市場の低迷で、10年近く日本市場で減少傾向を見せていた」とし「フルーツ系リキュールの成長で昨年反発に成功しただけに、拍車をかけて日本の家庭市場を攻略する」と述べた。
top