2月の財政赤字、22.3兆ウォン・・・「収入は増えたが支出がもっと大きかった」

양정미 기자

登録 : 2021-04-07 11:08 | 修正 : 2021-04-07 11:08

[写真=聯合ニュース]


2月も韓国の財政指標が赤字を続けた。譲渡所得税や韓銀余剰金、国民年金の財産収入が増加し、総収入が増えたものの、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)への被害支援のための総支出の増加幅が大きかったためだ。

企画財政部が7日に発表した「2021年4月の財政動向」によると、2月までの累積収入総額は97兆1000億ウォンで前年比19兆4000億ウォン増加した。国税収入と税外収入、基金収入がいずれも増えており、進度率(進捗率)も20.1%で前年比3.9%上昇した。

国税収入は57兆8000億ウォンで、昨年同期より11兆ウォン増えた。進度率も20.4%を記録し、昨年同期より4.0%ポイント上昇した。

二重所得税が23兆8000億ウォン取り立てられ、前年比4兆8000億ウォン増加した。不動産取引量の増加で譲渡所得税の収入が増えた。また、昨年零細個人事業者を対象に実施した税政支援猶予分1兆4000億ウォンも2月分で納付され、所得税の増加幅を拡大した。

付加価値税は16兆2000億ウォンで昨年より2兆6000億ウォン増えた。個人事業者の税政支援による納付猶予分3兆2000億ウォンが2月に納付され、2月基準で3兆5000億ウォンが増加した。

税外収入は8兆2000億ウォンで、1兆4000億ウォン増えたと集計された。毎年2月に歳入に入る韓銀の余剰金が5兆1000億ウォンで、昨年より1兆4000億ウォン増加した影響が大きかった。

基金収入は31兆2000億ウォンで6兆9000億ウォン増えた。国民年金の資産運用収益が昨年より5兆3000億ウォン増えた7兆3000億ウォンを記録した。

国税収入と税外収入、基金収入はいずれも前年に比べて増加したが、支出の増加幅はこれを上回った。

2月までの総支出は109兆8000億ウォンで、昨年より5兆8000億ウォン増えた。予算からの支出は80兆8000億ウォンで5000億ウォン増えた。青年雇用事業とコロナ検診・治療費、医療機関損失補償などで支出が増加した。

基金支出は29兆1000億ウォンで、緊急雇用安定と小商工人(自営業者)・中小企業支援を中心に5兆3000億ウォンが増えた。支出進度率は0.9%ポイント上がった19.7%と集計された。

政府の財政執行管理対象事業は雇用創出、景気回復支援のために2月まで73兆5000億ウォン(21.4%)が執行された。政府は、上半期の執行目標率を63%まで達成する計画だ。

収入は増えたが、支出が急増し、去る1月に3兆4000億ウォンの黒字だった統合財政収支は12兆7000億ウォンの赤字へ転じた。昨年2月(-26兆2000億ウォン)よりは赤字幅が縮小した。

統合財政収支から社会保障性基金収支を除いた管理財政収支も赤字幅を拡大し、-22兆3000億ウォンとなった。昨年2月の累積収支と比べれば、赤字幅は8兆7000億ウォンも減少した。

中央政府の債務は853兆6000億ウォンで、前月比17兆7000億ウォン、前年比では34兆4000億ウォン増加した。国庫債の発行が32兆6000億ウォン増え、不動産取引の拡大で住宅債券も1兆8000億ウォン増加した。政府は今年の予算を確定し、中央政府債務限度を928兆5000億ウォン内で管理すると発表したことがある。
top