コスピ、5営業日連続上昇で引け・・・0.33%p高の3137.41で取引終了

양정미 기자

登録 : 2021-04-07 16:13 | 修正 : 2021-04-07 16:13

[写真=亜洲経済DB]


コスピが外国人投資家の買い越しに支えられ、5営業日連続で上昇した。

7日、コスピは前日比10.33ポイント(0.33%)高の3137.41で取引を終えた。指数は前営業日より1.99ポイント(0.06%)高の3129.07で取引を始め、上げ幅を拡大した。

投資主体別には、外国人投資家が3215億ウォンを買い越し、機関投資家と個人投資家はそれぞれ180億ウォン、180億ウォンを売り越した。

コスピの時価総額上位10銘柄の中では、サムスンSDI(1.87%)、サムスンバイオロジクス(1.46%)、セルトリオン(0.82%)、SKハイニックス(0.35%)などは上昇で取引を終えた。一方、NAVER(-1.03%)、サムスン電子(-0.47%)、カカオ(-0.37%)、サムスン電子優先株(-0.13%)、LG化学(-0.12%)などは弱含みだった。

コスダック指数は前日比4.59ポイント(0.47%)上げた973.22で取引を終えた。コスダック指数も前取引日より4.38ポイント(0.07%)高い969.30で取引を始め、上げ幅を拡大した。

投資主体別には、機関投資家は86億ウォン、外国人投資家は558億ウォンをそれぞれ買い越した。一方、個人投資家は唯一630億ウォンを売りさばいた。

コスダック時価総額上位10銘柄の中では、シージェンがコロナ感染者の急増で7.29%高騰した。スタジオドラゴン(4.61%)、カカオゲームズ(2.64%)、エコプロビーエム(0.67%)、セルトリオンヘルスケア(0.31%)、エイチエルビー(0.14%)なども上昇した。SKマテリアルズ(-2.41%)、パールアビス(-0.88%)、CJ ENM(-0.21%)、セルトリオン製薬(-0.14%)などは下落した。
top