LG電子、スマートフォンのOSアップグレードを最大3年間支援

박수정 기자

登録 : 2021-04-09 14:39 | 修正 : 2021-04-09 14:39

[LG電子、スマートフォンのOSアップグレードを最大3年間支援]



モバイル部門の撤退を宣言したLG電子が従来のLGフォンの購買顧客の携帯電話運営体制(OS)のアップグレード期間を最大3年間、支援することにした。

8日、LG電子は報道資料を通じ、運営体制のアップグレード支援期間を従来のプレミアムモデルの場合は3年間、一部の普及型モデルは2年間支援すると発表した。

アップグレード対象は2019以降に発売された製品のうち、プレミアムモデル、一部の普及型モデルで、LG電子のホームページに公示される。

昨年発売したLG WINGとLG VELVETは2023年まで運営体制がグレードアップされる。運営体制アップグレード支援はグーグルのOS配布の日程、製品性能、製品の安定化水準によって変更されることがある。

LG電子は"携帯電話事業の終了後にも顧客が安心してLG携帯を使用できるようにする"、"LG製品を最後まで信じて購買した顧客の信頼について感謝の心を込め、運営体制のグレードアップ支援を拡大することにした"と明らかにした。

携帯電話のASの場合、製品の最終製造日から最低4年間、支援されるが、顧客は全国120余りのサービスセンターで従来と同じ修理を受けることができる。

簡単決済サービスのLGペイも事業終了後、少なくとも3年間維持する。 LG電子は“事業終了後も流通在庫がなくなるまで運営体制のアップグレード、アフターサービスなど事後支援の心配なく携帯を購入できる”と説明した。
top