[カン・ジュニョンのコラム]米中対立、「他者の陥穽」に落ちないためには

양정미 기자

登録 : 2021-04-12 15:45 | 修正 : 2021-04-12 15:45

[写真・執筆=韓国外国語大学国際地域大学院のカン・ジュニョン中国学科教授]

米中の対立が続く中、この4年間に展開された米国の強力な対中圧迫政策は、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)発源論争で葛藤がさらに深まった。中国産製品に対する関税賦課は昨年1月、第1段階の合意にもかかわらず両者関係を安定させられなかった。また、米国の攻撃に対する中国の抵抗が繰り返され、両者の対立を規範的に管理できる新たな制度の創出にも失敗した。特に、米国の要求を受け入れないという中国の意図的回避が繰り返され、相互不信の溝が深まった。それに、葛藤の原因を相手側の責任に転嫁し、多くの国家を「選択的恐慌」に追い込む他者陷穽(他者の落とし穴)まで生み出し、米中関係の不確実性をさらに増幅させている。

米バイデン政権の対中圧迫意志は、習近平国家主席との初の電話会談と3月18日のブリンケン 国務長官と楊潔篪外交担当政治局長とのアラスカ会談でもよく表れる。米国は非核化や保健・環境分野など「米中利益が交差する」分野においては協力を示したが、中国の不公正な経済慣行と民主価値に関連する香港弾圧問題、新疆ウイグル地域での人権蹂躙、台湾を含む南シナ海域内での独善的な行動に対する根本的な懸念を強調した。当然、中国は台湾、香港、新疆ウイグル問題は中国内政とし、主権と領土保全と関連した中国の核心利益を尊重して慎重に行動しなければならないと受け答えた。今後の主導権をめぐって、バイデン-習近平時代の米中関係の第一歩が始まった。

米国は2017年末に発刊された「国家安保戦略報告書」で中国を「戦略的競争者」とし、全面的な「米中戦略競争」を宣言した。これは中国の市場経済化と民主化を追求した対中連携と変化政策の廃棄だった。2020年5月の「対中国戦略報告書」は、「米中は戦略的競争関係であり、中国は経済的・価値的・安保的な側面で米国に挑戦する国家」と規定し、中国の挑戦に対抗して米国人と国土、米国式生活を保護して米国の繁栄を増進し、力を通じた平和の保存及び米国の影響力増大を目指す「米中新冷戦時代」を公表した。これを継承したバイデン政権は3月の「暫定国家安保戦略(interim National Security Strategy)」で、中国を「経済、外交、軍事、技術力を結合させ、開かれた国際システムに挑戦し続ける潜在力を保有した唯一のライバル」とし、「中国牽制」を外交政策の核心として掲げた。特に、中国との戦略的競争で勝つために、他の民主主義国家との協力強化と米国に対する信頼回復を通じてグローバルリーダーシップを確固なものにすることで、米国が国際議題を設定すると強調した。

バイデン政権の対中圧迫持続に対して中国は、「米国式イデオロギー」の強要であるとし、反発している。中国は米国の対中圧迫を3つの側面で理解している。第一に、将来の覇権と国際秩序の主導権について「原則ある現実主義」を基盤とする米国の強硬派たちが、中国がすでに直接的に米国の覇権に挑戦しているとし、浮上した中国が最終的には米国主導の国際秩序を徹底的に破壊すると認識していると思う。第二に、国力と実益をめぐって、中国の国力がすでに米国に劣らないか、一部は超越して米国の先制的利益に挑戦するか、米国の利益創出を阻害しているという観点で強硬策を展開しているということだ。米国の競争優勢と対中関係での主導的地位の喪失を憂慮した一部が、中国の体制と国家目標に対する敵意を増幅させ、両国関係の葛藤が深まっていると認識している。もう一つは、制度と文化、そしてイデオロギーをめぐる論争だ。中国を西欧の民主制度と文化を脅かす最大の挑戦者と見なし、長期的な観点で中国の影響力を徹底的に排除する圧迫をしているという認識だ。しかし、今や国際舞台の中心国家に成長した中国は、当初、米国が構想していた「米国主導の秩序の中の中国」をすでに超えた新たなライバルとなった。米国を直ちに克服することはできないが、米国の経済力の70%に達する国民総生産額とコロナ防疫の優越性を基盤にした愛国主義民間感情も高揚している。バイデン政権が、中国のアキレス腱である「普遍的な価値」を前面に出して中国を圧迫すると、これ以上米国は羨望の対象ではないとし、米国の対中国攻撃を悪意的な中国卑下と認識している。 米ピュー・リサーチ・センターの先月の調査によると、米国人の対中好感度が20%にも満たないというから、今後の両国民の葛藤も米中関係のまた別の阻害要素として浮上した。

また中国は、バイデン大統領が追求するいわゆる「民主同盟」に対応し、友軍確保に熱を上げている。北朝鮮に対する支援と北朝鮮核問題での協力だけでなく、王毅外相を前面に出して、ロシアとの協力、サウジアラビアとトルコ、イラン、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、オマーンなどを訪問し、新疆や香港の人権問題などを掲げた米国など西欧の対中国制裁を非難して中東支持を取り付けることに力を入れた。4月3日には鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官(外相)と台湾を向かい合う福建省廈門で会い、韓中外相会談も開いた。また、シンガポールを含めマレーシアやインドネシア、フィリピンなどASEAN諸国とも対米けん制を加速化する方針だ。

いまや米中関係は貿易戦争や科学・技術戦争を超え、民主価値や人権など普遍価値をめぐる論争を基盤とした本格的な体制対立に突入した状況だ。バイデン大統領の言及どおり、中国が「民主停滞が現在のように複雑な状況では非効率な体制」と考えるなら、「民主」と「専制」をめぐる葛藤はさらに深まるだろう。ただでさえ米中間で悩む韓国が、別の「打者の陥穽」に落ちないためには、韓国のアイデンティティをより明確にしなければならない。
top