文大統領、日本大使に「汚染水放流、懸念が非常に大きい・・・本国に伝えてほしい」

양정미 기자

登録 : 2021-04-14 16:17 | 修正 : 2021-04-14 16:24

[写真=聯合ニュース(文在寅大統領は14日、日本政府が福島第一原発の処理水を海に放出する方針を決定したことについて、日本の相星孝一駐韓大使に憂慮を伝えた)]


文在寅(ムン・ジェイン)大統領が14日、日本政府が福島原発汚染水の海洋放流を決定したことと関連し、相星孝一駐韓日本大使に懸念を伝えた。

青瓦台(大統領府)のカン・ミンソク報道官によると、文大統領は同日午前、青瓦台で相星大使の信任状捧呈式直後に行った歓談で「日本の原発汚染水海洋放流決定に対して地理的に最も近く海を共有した韓国の憂慮は非常に大きい」と強調した。また「韓国政府と国民の懸念をよくご存知だと思うので、本国に十分伝えてほしい」と述べた。

これに先立ち、日本政府は13日、福島原発汚染水を海洋に放出することを公式に決定した。これに対して韓国政府は、「今回の日本の決定は周辺国の安全と海洋環境に危険を招くだけでなく、最隣接国のわが国と十分な協議および了解の過程なく取られた一方的な措置である」と批判し、この日も相星大使を呼んで抗議した。

一方、青瓦台の内部会議で文大統領は、国際海洋法裁判所に海洋放流決定に対して、暫定措置を含めて提訴する方案を積極的に検討するよう指示した。
top