​現代自、中国市場4大戦略発表…イ・グヮングク社長"第2の跳躍を成し遂げる"

박수정 기자

登録 : 2021-04-16 14:15 | 修正 : 2021-04-16 14:23

[​現代自、中国市場4大戦略発表…イ・グヮングク社長"第2の跳躍を成し遂げる"]



現代(ヒョンデ)自動車グループがマイナス成長を重ねていた中国市場で大反転のカードを取り出した。現地化や未来車の転換に重点を置いた4大戦略を通じ、過去の栄光を再現するという方針だ。現実化されれば、鄭義宣(チョン・イソン)現代自グループ会長が推進している電気自動車と水素自動車などを中心とした未来車戦略もさらに力を受けるものと期待される。

現代自と起亜は15日、オンラインチャンネルを通じて行われた中国戦略発表会「ライジングアゲイン、フォーチャイナ(Rising again, For China)」を成功裏に終えたと明らかにした。

この日、発表者として出席したイ・グァングク現代自・起亜中国事業総括社長は“グローバル最大自動車市場であり、世界で最も早く成長している中国は新たな機会と挑戦でいっぱい”とし、“中国市場を攻略するために用意した4大戦略を通じ、未来モビリティ時代を先取りし、再跳躍を果たす”と強調した。

同日、現代自グループは4大戦略で△現地化研究開発(R&D)の強化 △電動化商品ラインアップの拡大 △水素燃料電池技術事業の本格化と水素産業生態系の拡張 △ブランドイメージの刷新などを提示した。

具体的にまず、現地化R&Dの強化に向け、今年下半期に中国上海に先行デジタル研究所を設立し、現地開発技術力を一層強化する。

また、中国当局のエコカー戦略に歩調を合わせるため、2030年まで現代自と起亜合わせて計21つの電動化ラインアップを構築する。これを通じ、中国自動車市場の電動化を先導するという戦略だ。

現代自グループの未来成長動力も中国と共に増大させる。 現代自グループ初の海外水素燃料電池システム生産販売法人「HTWO広州」が代表的な例だ。 現代自グループは約20万7000平方メートル規模を備えたHTWO広州を来年下半期に完工する予定だ。 エコブランドイメージの強化のため、販売モデルも大幅に減らす。 現在、21つの内燃機関モデルを2025年までに14つに減らして効率化し、その空席をエコカーで埋める。
top