[現代自・SK、バッテリー協力] 2024年のハイブリッドカーから披露する

박수정 기자

登録 : 2021-04-16 23:30 | 修正 : 2021-04-16 23:30

[[現代自・SK、バッテリー協力] 2024年のハイブリッドカーから披露する]



現代自グループが直接開発に参加したバッテリーを搭載したハイブリッドカー(HEV)が2024年に披露される。

現代自・起亜はSKイノベーションと共同でHEVバッテリーを開発すると16日、明らかにした。 双方は電動化車両に最適化したポーチ型バッテリーを開発し、実際の車両への適用を目標に協力に乗り出す。 共同で開発するバッテリーは現代自が2024年に披露するHEVから搭載される。

現代自・起亜はこれまで築いてきたバッテリー技術に対するノウハウと世界最高水準の車両設計技術を基に、HEVバッテリーを直接設計する。バッテリー性能や安全性を決定する素材を検証し、適用比率を含めたバッテリー仕様などを直接選択する計画だ。これを通じ、HEVの性能向上と価格競争力も高められるものと期待している。

パク・チャンヨン現代自・起亜パワートレイン部品購買事業部常務は"グローバルバッテリー技術企業であるSKイノベーションとの協力モデルを通じ、エコカーの競争力を一段階さらにアップグレードできるだろう"とし、"バッテリーの開発、量産、品質検証など全分野で一緒に協力していく"と強調した。

現代自グループはエコカー競争力の向上に向け、バッテリーの企業と協力を模索している。

SKイノベーションとも2010年、国内初の高速電気自動車(EV)である「ブルーオン」のバッテリーを皮切りに、国内初の量産型電気自動車「レイEV」、海外初の輸出電気自動車「ソウルEV」だけでなく、現代自グループの電気車向けプラットフォーム「E-GMP」基盤の電気自動車「アイオニック5」、「EV6」でも協力を続けている。

また、昨年は鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自グループ会長と経営陣がLGエネルギーソリューション(旧LG化学・バッテリー事業部)の梧倉(オチャン)工場に訪問し、未来バッテリー技術力について話し合った。

現代自の関係者は"これからもバッテリーの分野で多様な企業と協力を続けるだろう"とし、"現代自動車内でも先進技術のための研究開発を持続進行している"と述べた。

一方、現代自・起亜は2025年までに計44種のエコカーを披露し、グローバル市場を先取りするという計画だ。
top