昨年の負債、家計+企業+政府=5000兆ウォン

양정미 기자

登録 : 2021-04-19 09:24 | 修正 : 2021-04-19 09:29

[写真=聯合ニュース]


昨年、家計や企業、政府などの経済主体の負債が急激に増加し、過度な債務負担への懸念の声が高まっている。新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の影響で、家計や企業への負債が急増する中、政府の債務も急増している。

中央政府と地方政府の債務を合わせた国家債務(D1)は、2020年末基準で847兆ウォンを記録した。D1債務は、2018年の680兆ウォンからわずか2年で160兆ウォンが急増した。D1の債務に公企業と公共機関の債務を合わせたD3は、2019年末基準で1132兆6000億ウォンだ。D3の規模は、昨年さらに膨らんだようだ。D1の増加幅にコロナ19で困難を経験した公企業と公共機関の借り入れが増加した可能性が大きいためだ。

政府だけでなく、民間の負債も急増している。韓国銀行が発表した2020年末基準の家計負債(家計信用基準)は計1726兆1000億ウォンを記録し、1年間で125兆ウォン(7.9%)が増加した。

不動産や株式投資ブームで需要が増加し、昨年第3、4四半期には信用融資の規模が住宅ローンを上回った。国際金融協会(IIF)は、韓国のGDP対比家計負債の増加幅が38カ国のうちベトナムとタイに続き3番目に大きかったと分析した。

家計負債は、今年に入ってからも増加の勢いを維持している。1月の増加幅は10兆4000億ウォンで、前月比増加幅を拡大した。また、2月は9兆5000億ウォン、3月が9兆1000億ウォンを記録した。

企業負債は計2153兆5000億ウォンを記録し、前年同期比10.1%増加した。コロナ19関連資金の需要が増え、政府や金融機関の支援が相次いで金融機関からの企業融資(1359兆4000億ウォン)は前年比15.1%増となった。

3つの経済主体の負債を合わせると、5000兆ウォンを超える。これは、韓国全体経済規模の2.5倍に達する規模だ。しかし、政府はコロナ19への対応過程で、韓国の国家債務の増加幅が主要国に比べて低かったことを強調しており、企業負債や家計負債も全て管理可能な水準だという立場だ。

企画財政部によると、国家債務は外国為替平衡基金債券(外平債)、国民住宅債など対応資産を保有した債務が全体債務のうち40%で、実際の赤字性債務は60%程度だ。

家計負債の延滞率は、昨年末0.20%を記録して2019年末比0.06%下落した。

専門家らは最後の砦である国家財政の健全性まで急速に悪化する中、今後の利上げ時期に民間負債が急速に不良化する場合、「借金爆弾」が爆発する可能性があると懸念した。


 
top