ポスコ・インターナショナル、1四半期の売上7兆870億ウォン「史上最大」…"ミャンマー影響は制限的"

박수정 기자

登録 : 2021-04-26 11:36 | 修正 : 2021-04-26 11:36

[ポスコ・インターナショナル、1四半期の売上7兆870億ウォン「史上最大」…"ミャンマー影響は制限的"]



ポスコ・インターナショナルが原材料価格の上昇とグローバル景気回復の基調に支えられ、史上最高の四半期売上を記録した。

23日、ポスコ・インターナショナルが公示した連結基準1四半期の暫定業績によると、売上は7兆870億ウォン、営業利益は1269億ウォン、純利益は929億ウォンだ。

売上は前年同期(5兆5110億ウォン)に比べて28.6%増加しており、四半期基準で史上最大の売上げだ。証券街の展望値である5兆8700億ウォンを大きく上回った。

営業利益は前年同期(1457億ウォン)に比べて12.9%減少し、純利益は前年同期(642億ウォン)に比べて44.5%増えた。

このような売上の増加は鉄鋼、穀物、非鉄などトレーディング事業とインドネシアのパーム油、ウズベキスタン綿紡法人などの主要海外投資法人の実績好調のおかげと解釈される。

トレーディングでは自動車鋼板、冷延、鉄鋼原料など鉄鋼製品の販売増加で、前四半期比の鉄鋼取引量が44%以上増加した。

海外投資法人ではクルードパーム油(CPO)の生産量及び価格の上昇で、インドネシアパーム油事業を運営する法人の利益が増加し、綿糸の販売量の増加によるウズベキスタン綿紡法人の実績も上昇した。

ミャンマー事態によるガス田事業の影響は制限的だった。ポスコ・インターナショナルの関係者は"ミャンマーガス田も1四半期の1日平均5.7億立方フィートの販売を記録し、平均販売量を上回った"、"ただ、新型コロナの長期化で、2段階開発が多少遅延され、投資費回収が順延されたが、ミャンマーの事態が実績に与える影響は制限的"と説明した。

今後、ポスコ・インターナショナルは食糧事業の拡大やエコ自動車部品駆動モーターコアの量産による業績改善が見込まれる。

食糧事業はグローバルトップ10の食糧総合事業会社への跳躍に向け、2030年まで穀物の取扱高を現在800万t規模から2500万tまで拡大し、売上げ10兆ウォンの達成を目標に推進している。

このため、営農、貯蔵、加工、物流などの流通段階別の連携強化を基に、収益性を確保し、国際穀物市場での位置を強化していくという戦略だ。

エコ自動車部品事業では電気車駆動モーターコア事業を中心に、エコカー部品事業の多角化を推進中だ。駆動モーターコアの生産力を拡大する一方、水素電気自動車の燃料電池分離板、バッテリーモジュールケース、モーターマグネットなどのエコモビリティ部品事業力量を拡充している。
top