現代重工業グループ、9つの系列会社にESG委員会の設置…"エコ技術の開発にオールイン"

박수정 기자

登録 : 2021-04-29 15:31 | 修正 : 2021-04-29 15:31

[現代重工業グループ、9つの系列会社にESG委員会の設置…"エコ技術の開発にオールイン"]



現代重工業グループが9つの系列会社にESG(環境・社会・支配構造)委員会を設置する。

28日、現代重工業グループによると、現代尾浦(ミポ)造船、現代建設機械、現代エレクトリックなど上場会社3社と現代重工業、現代三湖(サムホ)重工業など非上場2社は最近、理事会を順に開き、ESG委員会を設置した。

現代重工業グループの造船部門の中間持株社である韓国造船海洋と持株会社である現代重工業持株もそれぞれ、同日午後と29日に理事会を開き、ESG委員会の設置を決議する予定だ。現代オイルバンクと現代エネルギーソリューションも今年上半期内に導入を完了するという計画だ。

各社のESG委員会は社外取締役3~4人と社内取締役1人で、理事会内に構成される。各社の特性に合うESG戦略の方向、計画及び履行などを審議し、ESG力量の開発や内在化に向けて必要事項を支援する。

また、各社の最高持続可能経営責任者(CSO)で構成された「グループESG協議体」を構成し、グループレベルの主要ESG政策と適用方法、懸案などを議論し、各社のESG経営を支援する役割を果たす予定だ。

ESG政策樹立の専門性と客観性を高めるため、環境、同伴成長、コンプライアンスなど分野別の外部専門家らで構成された「ESG諮問グループ」も運営する。

現代重工業グループはこれに先立つ3月26日、オンライン企業説明会を通じてグループの水素事業ビジョンである「水素ドリーム(Dream)2030ロードマップ」を発表し、エコエネルギーを活用した中長期事業計画を発表した。

現代重工業は今年2月、3000億ウォン規模のESG債券の発行、エコ船舶の建造及び技術開発に乗り出しており、現代オイルバンクは昨年8月、韓国製油会社で初めて炭素中立グリーン成長を宣言するなどESG経営を実践している。
top