[ソ・ジンギョのコラム] WTO、包容する多国間体制として生まれ変われるか?

양정미 기자

登録 : 2021-05-03 17:09 | 修正 : 2021-05-03 17:31

[写真・執筆=対外経済政策研究院のソ・ジンギョ先任研究委員]


今年の11月30日から12月3日まで、スイスのジュネーブで第12回WTO閣僚会議が開催される予定である。164カ国の通商大臣が集まる閣僚会議は、通常、2年ごとに開催されるWTO最高位級の意思決定機構であり、WTOの主要懸案が議論され、決定される場でもある。今回の閣僚会議の見通しはあまりよくない。WTOに対する加盟国の信頼が落ちた状況で、主要な問題について加盟国間の立場の対立が相変わらずだからだ。それにもかかわらず、我々が関心を持たなければならない理由は、コロナウイルスワクチンに対する知的財産権の適用の免除、それに水産補助金と電子商取引に関する小さな合意(small deal)が試みられる可能性があるためだ。

世界的に大きな注目を集めているコロナウイルスワクチンの供給の問題は、今回の閣僚会議での主要議題の一つである。これに直結された議論がWTOの知的財産権(TRIPS)の暫定された義務免除に関する問題だ。1995年WTO発足とともに発効したWTOの知的財産権協定は、著作権、工業デザイン、特許、未公開情報の保護など、幅広い知識財産権に対し、具体的な保護の対象と保護期間を明示し、これをすべての加盟国が遵守するようにしている。コロナウイルスワクチンのような医薬品の製造も知的財産権の対象であり、世界的に保護されることはもちろんである。

しかし、コロナウイルスワクチンの確保と接種率の国別不平等とワクチン生産国である先進国を中心とするワクチン自国優先主義が広がると、WTOレベルでコロナウイルスワクチンの知的財産権の適用を暫定的に猶予できるようにしようという主張が提起された。インドと南アフリカ共和国は、昨年10月に集団免疫レベルのワクチン接種が完了するまで、コロナウイルスの予防と抑制、治療などについてWTOの知的財産権の適用を暫定的に廃止しようと提案した。当然、開発途上国と後発開発途上国は、この提案に全面的な支持を送っている。彼らは知的財産権を保護する規定のため、発展途上国のワクチン生産施設が活用されずにいて、これにより、世界的なワクチンの供給不足現象が現れたと見ている。

しかし、ワクチン開発国である米国、ヨーロッパ、イギリスなど一部の先進国は発展途上国のこれらの主張に同意していない。彼らは知的財産権の保護のためにワクチンの生産と貿易が干渉を受けているかどうかの明確な証拠がなく、むしろ知的財産権を保護することが、新しいワクチンと治療薬の開発と技術革新のインセンティブとして作用しているという立場である。特に発展途上国が主張するように、知的財産権の保護を一時的に猶予しても製薬施設が発達したインドや南アフリカ共和国などを除けば、他の発展途上国でのワクチンの生産は難しいという点を挙げ、知的財産権の保護を猶予する効果も大きくないと見ている。これに知的財産権の適用猶予より「世界保健機関(WHO)による発展途上国のワクチンを確保するための財政支援プログラム」のような国際協力を強化することがワクチンの普及に効果的だと主張している。

このようなWTOの中での先進国と発展途上国の対立構図が最近変化の兆しを見せている。代表的なワクチン製造社であるファイザーやアストラゼネカ側とキ米通商代表部(USTR)のキャサリン・タイ代表の接触、ホワイトハウスによるコロナウイルスワクチンの知的財産権の一時的な免除を擁護する発言などがそれである。低コストでワクチンの生産と供給を増やすことができ、さまざまな方法を検討しているとされているが、その方法の中に、人件費が安い発展途上国でのワクチン生産と供給のためのWTOの知的財産権の適用の暫定猶予も含まれているであろうことは容易に推測することができる。

米国のこのような変化の裏には、最近、インドでのコロナ感染者の急増や医療システムの麻痺がある。インドは米国の対外政策の中核国で、特にバイデン政府の公共牽制安保連合体(QUAD)の主要メンバーである。特にインドは中国と国境が接しているため、少なくとも敵対的にはならないように多くの力を入れている。海外へのワクチン搬出に慎重を期していたバイデン政権がインドにワクチンを支援する意向を明らかにしたのも、米国の対外政策の方向と無関係ではないだろう。結局、米国の最近の変化の兆しはWTOの多国間体制で失った米国の地位と影響力を取り戻すための試みとして解釈できる。これにより、今年のWTO閣僚会議で加盟国がコロナウイルスワクチンの知的財産権の適用が猶予されるかも心配である。韓国の制約能力を勘案すると、コロナウイルスの複製ワクチンの生産が可能な場合、韓国が最大の利点を受ける国の一つになることは当然である。

一方、たとえ合意が導出される可能性が高くはないが、注目すべき交渉もある。水産補助金と電子商取引の交渉がそれだ。水産補助金の交渉は、これまで何度も合意案が提示され、加盟国間の立場が絞られてきた。これにより、今回の閣僚会議にて合意されることを期待して見ることができる議題の一つだ。我が国の立場からも、かなりの利害がかかっている。約2兆ウォンに達する水産分野の補助政策の未来がこの交渉の結果に大きく依存するからである。電子商取引の交渉に関しても、今年2月に合意のための文書が配布され、今回の閣僚会議で合意が期待される分野だ。特に電子署名や電子認証、オンライン消費者の保護などは、加盟国間の意見の相違が少なく、閣僚会議で合意される可能性も大きい。

今回WTO閣僚会議に臨むナイジェリアの新事務局長、ンゴジ・ オコンジョ・イウェアラ(Ngozi Okonjo-Iweala)氏の立場は切迫している。発足以来、最大の危機に陥ったWTOの多国間体制が、今回の閣僚会議で何の成果も果たせなければ、WTOの未来もないからである。
top