サムスン重工業、1四半期の営業損失5068億ウォン

박수정 기자

登録 : 2021-05-05 15:30 | 修正 : 2021-05-05 15:30

[サムスン重工業、1四半期の営業損失5068億ウォン]



今年1四半期に大規模な赤字を記録したサムスン重工業が財務構造改善のため、5対1の無償減資ととも、1兆ウォン規模の有償増資を推進する。

サムスン重工業は今年1四半期の連結基準、営業損失5068億ウォンを記録し、昨年1四半期の478億ウォンに比べて赤字幅が増えたと4日、明らかにした。

売上高は1兆5746億ウォンで、昨年1四半期1兆8266億ウォン比13.8%減少した。当期純損失は5359億ウォンで、昨年2270億ウォン純損失に比べ、赤字幅が拡大された。

1四半期の営業利益の赤字は△鋼材価格の引き上げによるコスト上昇 △工事損失引当金や固定費負担△在庫資産のドリルシップ5隻に対する評価損失などを反映した結果だ。

サムスン重工業の関係者は"昨年、コロナパンデミックや原油安の影響で、受注が激減し、2022年までドック空白が憂慮される状況がもたらされた"、"これにより、ドック稼働率を高めるための緊急物量確保の過程で、一部の船種で発生した工事損失引当金を今年1四半期に設定することになった"と述べた。

さらに、"今年上半期の鋼材価格の引き上げが予想幅をはるかに上回り、製造原価が大幅に上昇し、赤字幅を拡大させた"、"また、昨年、欧州系買収先とドリルシップ3隻の売却に合意したが、4月末、契約金の入金期限が経過することにより、在庫資産の公正価値評価による損失を今回に認識した"と明らかにした。

これと共に、サムスン重工業は今年の年間基準7600億ウォンの営業損失を記録するものと見込んだ。ただ、下半期からは収益性改善に成功するものと観測した。

1四半期に大規模な赤字を記録したサムスン重工業は同日、財務構造改善に向けて5対1の無償減資を実施し、約1兆ウォン規模の有償増資も推進することに決定した。

額面価格減額無償減資は額面価格を5000ウォンから1000ウォンに減額して納入資本金を下げ、財務健全性を改善するための措置だ。無償減資は減資後の発行株式数の変動がなく、株式の評価金額が同一で、株主の立場では持分の価値が損なわれない。

サムスン重工業は減資を通じて発生した納入資本金減額金額の2兆5000億ウォンを資本剰余金に転換し、今後、資本蚕食の懸念から完全に抜け出すという計画だ。

無償減資は株主総会の決議事項で、6月に開催される臨時株主総会の承認後、手続きによって進行する予定であり、有償増資は臨時株主総会で授権株式数の拡大を議決した後、日程など細部計画を確定して実行する計画だ。
top