斗山重工業、廃プラスチック活用した水素生産技術の開発に着手

박수정 기자

登録 : 2021-05-06 16:39 | 修正 : 2021-05-06 16:39

[斗山重工業、廃プラスチック活用した水素生産技術の開発に着手]



斗山重工業が廃プラスチック・廃ビニール(以下、廃プラスチック)を活用した水素生産技術の開発に乗り出す。

斗山重工業は廃プラスチックの連続式熱分解専門企業であるリボテクと業務協約(MOU)を締結したと6日、明らかにした。

リボテクは廃プラスチックを連続式で熱分解してガスを生産し、斗山重工業は熱分解ガスを水素に改質する核心設備と工程を開発する予定だ。今回に適用する連続式熱分解技術は原料の持続の投入で、連続生産できるため、処理の規模を簡単に拡大することができ、経済性も確保できるものとみられる。

斗山重工業は今年まで1日0.3トン(t)ほどの水素を生産できる水素改質器を開発し、慶尚北道聞慶(ムンギョン)市に位置したリボテクに設置、運転する予定だ。今後、実証の課題を通じ、廃プラスチックから1日3t以上の水素を生産できるように技術を商用化する予定だ。

一方、斗山重工業は多方面に水素事業を拡大している。来年の完成を目標に、昌原(チャンウォン)本社工場内に国内初の水素液化プラントを建設しており、済州島では風力発電を連携した水電解グリーン水素生産を進めている。
top