生産・消費など好調な韓国の経済指標・・・雇用は依然として低迷

양정미 기자

登録 : 2021-05-10 09:30 | 修正 : 2021-05-10 09:40

[写真=Gettyimagesbank]


世界経済が回復しており、韓国も生産や輸出、消費などの経済指標が好調を示している。第1四半期の国内総生産(GDP)は市場の期待以上に増加し、コロナ以前の水準を回復した。また、国家不渡り危険の目安であるクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)プレミアムも、グローバル金融危機後、最低水準に下がった。

しかし、民生経済と直結した雇用の回復傾向は依然として遅い。3月の就業者数は、昨年比増加傾向であったが、昨年の就業者減少による基底効果の影響が大きく、増えた雇用も財政投入による短期雇用という指摘が出ている。

統計庁の3月の産業活動動向によると、3月の全産業生産はサービス業の生産と消費が好調で前月比0.8%増加した。第1四半期の産業生産季節調整指数は111.2を記録し、2000年統計を取り始めて以来、最も高かった。

輸出も急速に回復している。4月の輸出は511億9000万ドルで、昨年同期比41.1%増えた。

各種経済指標が急速に回復し、韓国の成長率見通しも上方修正された。政府も今年の成長率目標を見直す計画だ。洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官は「今年の成長率が3%台半ばから後半の伸びも可能だ」と自信を示した。すでに今年3月、国際通貨基金(IMF)は韓国の成長率見通しを3.6%に0.5%ポイント上方修正し、ゴールドマン・サックスなど投資銀行7行の平均見通しも3.9%に上方修正した。

ただ、成長率展望値の上昇が景気回復が実感できる雇用回復につながるかどうかは不明だ。

延世(ヨンセ)大学経済学部のソン・テユン教授は「第1四半期の指標の大部分は半導体輸出のおかげだったが、これは雇用創出が大きくない部分」とし「就業者数は政府の雇用事業の影響で改善できるが、雇用市場の状況は指標改善にもかかわらず困難が続く可能性がある」と分析した。

実際、LG経済研究院は、今年の成長率の展望値を4.0%に上方修正しながらも、就業者数は11万人増に止まると見込んだ。これは昨年減少した就業者22万人の半分水準だ。これに先立って昨年、政府と韓国開発研究院(KDI)が発表した就業者数の増加幅もそれぞれ15万人と10万人だった。

さらに、国際原油価格の上昇などの影響で消費者物価が上昇し、インフレへの圧力を巡る懸念も引き続き持ち上がっている。物価は上がっているのに良質の雇用が回復しない場合、経済指標は回復しても民生経済は回復しない可能性もある。

一方、米国でも雇用指標が予想値を下回った。米労働省によると、4月の非農業部門の雇用は26万6000人増加し、市場予測値の100万人を大きく下回った。失業率も6.1%に上昇した。4月の失業率が5.8%まで下がるだろうという専門家らの期待が完全に外れたわけだ。

雇用指標が予想を下回り、米国債券10年の年利回りは去る7日、一時1.522まで急落した。景気回復が予想より遅くなりかねないという期待が反映されたのだ。

しかし、一部では依然として物価上昇を懸念している。4月の指標は一時的な歪曲に過ぎず、消費者物価指数(CPI)が急上昇するかもしれないという分析も出ている。


 
top