大韓航空・アシアナの企業結合承認、まだトルコだけ…禹基洪社長"問題ない"

박수정 기자

登録 : 2021-05-11 12:07 | 修正 : 2021-05-11 12:07

[大韓航空・アシアナの企業結合承認、まだトルコだけ…禹基洪社長"問題ない"]



大韓航空とアシアナ航空の買収手続きが進められている中、禹基洪(ウ・ギホン)大韓航空社長が買収に対する自信感を示した。

10日、業界によると、大韓航空はアジアナの買収に向けて韓国の公正取引委員会と海外当局から企業結合承認を待っている。1月14日、韓国を含む米国、欧州連合(EU)、中国、日本、トルコ、ベトナムなど必須の申告9ヵ国と任意的申告5ヵ国の英国、マレーシアなどを対象に企業結合の申し込みをした状態だ。

ただ、まだ承認が出た国はトルコだけだ。これに最近、EUがカナダ航空会社であるエアカナダとエアトランザットの合併を許可せず、大韓航空とアシアナも承認が拒否されかねないという懸念が提起された。禹社長は最近、記者と会った席で、"カナダ航空社の事例は大韓航空・アシアナとは違う"と線を画いた。禹社長は"事実上、エアーカナダが合併を放棄したこと"とし、"HDC現代産業開発がアシアナの買収を放棄したのと同様の脈絡"と述べた。

EUが両社の企業結合審査過程で重複路線などを理由に是正案の提出を要求したが、エアカナダが是正の代わりに買収放棄を選んだという説明だ。両航空会社の欧州~カナダの重複路線は30つに達する。

禹社長は"契約をするときは一定期間内に承認が出なければ、契約を破棄するなどの条項がある"、"その期限が切れたものであり、新型コロナの長期化で、航空業界の状況も変わったため、エアカナダが賠償金を与えて買収を放棄したこと"と説明した。

大韓航空とアシアナの欧州(英国を除く)重複直航路線はフランス・パリ、イタリア・ローマ、ドイツ・フランクフルト、スペイン・バルセロナ4つの路線だけだ。カナダとヨーロッパを結ぶ大西洋路線と違って、韓国~欧州路線は直航路線を代替できる経由路線が多く、独占・寡占の可能性も小さいと見ている。禹社長は"補完資料を提出するなど積極的に支援している"と強調した。

公取委の企業結合審査については"待っている"とした。公取委は「大韓航空・アシアナの企業結合に対する経済分析」研究用役を西江(ソガン)大学産学力団に任せた。早ければ6月初め、用役結果が出るものと予想される。大韓航空は年内に企業結合審査を全て終了するという目標を立てたことがある。手続きが終われば、アシアナは大韓航空の子会社に編入、韓進KAL→大韓航空→アシアナにつながる構造になる。

ただ、禹社長は格安航空会社(LCC)の統合法人の発足後の支配構造については"まだ決まったことがない"とした。大韓航空・アシアナの合併法人がLCC統合法人を率いる案と、韓進KALがLCC統合法人を子会社に置く案をめぐり、検討しているという。大韓航空は3月17日、産業銀行に統合方式と関連して、具体的方策が盛り込まれた「買収後の統合戦略」(PMI)の草案を提出した。産銀は当初、4月末までPMIを確定する計画だったが、補完・修正などで遅延されている。

一方、金融情報会社、エフアンドガイドが集計したコンセンサス(証券会社の業績見通しの平均値)によると、大韓航空は今年1四半期、新型コロナの危機にもかかわらず、貨物運送を掲げ、929億ウォンの営業利益を収めたものと見られる。
top