サムスン物産商社部門"太陽光事業、米国市場に集中、また集中"

박수정 기자

登録 : 2021-05-13 11:42 | 修正 : 2021-05-13 13:54

[サムスン物産商社部門"太陽光事業、米国市場に集中、また集中"]



韓国の商社業界が太陽光やバイオ事業まで拡張し、特有の本能を発揮している。既存の鉄鋼・化学中心の貿易からエコ事業にポートフォリオを強化、新たな収益源を作るための腹案と解釈される。

12日、業界によると、サムスン物産の商社部門は現在、米国テキサス州ミラム郡地域で計700メガワット(MW)規模の太陽光開発事業プロジェクトを推進している。プロジェクトは来年に着工し、2023年末、運営が開始される予定だ。事業全体規模は約7500億ウォンで、このうち、サムスン物産の投資規模は未定だ。

サムスン物産・商社部門のコ・チョンソク代表理事社長は11日、ソウルコエックスで記者と会って、"太陽光事業は米国市場を中心に、既存にしていたことに集中するだろう"と明らかにした。

テキサス地域はサムスン電子が半導体ファウンドリ工場の建設を検討している地域で関心を集めたが、これについてコ代表は"違う。私たちは私たちなりに事業を進める"と説明した。

先立って、サムスン物産・商社部門は2017年、米国法人の子会社「サムスンソーラーエネルギー」を通じて太陽光事業を強化した。2018年、カナダ・オンタリオに300MW規模の太陽光発電団地が完成した。当時、サムスン物産は敷地の確保、許認可取得から金融調達・施工・管理・運営など事業全般を総括した。

これは太陽光など新再生エネルギーを主要成長動力へと育成しようとする戦略によるものだ。サムスン物産・商社部門は大きく△化学 △鉄鋼 △エネルギー △素材 △生活産業など5つの領域で事業を展開している。

このうち、エネルギー部門は今年1四半期の全体売上げ(3兆7780億ウォン)の1.6%(630億ウォン)水準だが、次第に拡大していくという計画だ。

このような中、ポスコ・インターナショナルも資源開発、自動車部品に続き、「バイオ」を新成長動力として市場を拡大している。

韓国のワクチン開発バイオベンチャーのBioappと来年からカナダに豚熱(CSF)ワクチンを輸出する予定だ。Bioappリがワクチンを研究・開発し、ポスコ・インターナショナルが海外輸出を進める。ポスコ・インターナショナルがバイオ事業に進出するのは今回が初めてだ。

特に、Bioappは既存の企業とは違い、動物細胞ではなく、植物細胞基盤の技術を活用する。この技術は病原体を流したりする心配もなく、新たな突然変異ウィルスを作り出す可能性もなくて安全という評価だ。
top