現代自、欧州戦略車種「G70シューティングブレーク」公開…下半期に発売

박수정 기자

登録 : 2021-05-13 12:07 | 修正 : 2021-05-13 12:07

[現代自、欧州戦略車種「G70シューティングブレーク」公開…下半期に発売]



現代(ヒョンデ)自動車の高級車ブランド、ジェネシスが欧州戦略車種「G70シューティングブレーク」を12日、公開した。

G70シューティングブレークはジェネシスが昨年発売した中型スポーツセダン「ザニュー・G70」の外観にトランク積載空間を拡張し、実用性を兼備したモデルだ。ジェネシスのデザイン哲学「躍動的な優雅さ」で、躍動性により重点を置いた。

狩猟用の馬車から由来された「シューティングブレーク」はすらりとした外観と実用性のある積載空間を持った車両で、欧州で好感度が高い。G70シューティングブレークはグローバルブランドへと成長するジェネシスが欧州市場を考慮し、初めて披露するモデルでもある。

G70シューティングブレークはザニュー・G70と同一な全長4685mm、全幅1850mm、全高1400mm、ホイールベース2835mmのサイズを備えた。

ルーフをなだらかに傾斜させつつ延長し、浮いたような形状のリアスポイラーと組み合わせてスポーティーな印象を与える。また、トランクリッドのヒンジを前方に移動させることで、ラゲッジスペースを最大限に確保した。

G70シューティングブレークの室内は戦闘機の操縦席に似ているザニュー・G70の運転者中心構造を継承した。顧客はザニュー・G70比40%さらに大きくなったトランク空間と4:2:4の割合で折り畳める2列シートを活用し、多様な大きさの荷物を積載することができる。

2.0ガソリンターボエンジンと2.2ディーゼルエンジン2種で運営しており、今年下半期、欧州市場に発売する予定だ。ジェネシスの関係者は"G70シューティングブレークはジェネシスのアイデンティティが反映された躍動的な外観とシューティングブレークの実用性を兼備したモデル"とし、"欧州の好感度を反映した戦略車種として現地の顧客を満足させるものと期待する"と述べた。

一方、4日、欧州への進出を公式宣言したジェネシスは今年の夏、ドイツ、英国、スイスを皮切りに、欧州各地域で販売を開始する。大型セダン「G80」との大型スポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)「GV80」の契約を6月から進める。以降、G70と中型SUV GV70を順次的に披露する予定だ。続き、今年下半期はG70シューティングブレークを発売する。
top