​SKイノベーション、1四半期の黒字転換に成功…"すべての事業部門で実績改善"

박수정 기자

登録 : 2021-05-13 15:31 | 修正 : 2021-05-13 15:31

[​SKイノベーション、1四半期の黒字転換に成功…"すべての事業部門で実績改善"]



SKイノベーションが今年1四半期、市場予測値を上回る5000億ウォン台の営業利益を記録した。LGとのバッテリー訴訟合意金も1四半期に先反映し、今後の業績に対する不確実性まで解消した。

SKイノベーションは今年1四半期、営業利益が5025億ウォンを記録、前年同期1兆8154億ウォンの赤字から黒字転換に成功したと13日、明らかにした。これは市場予測値の3000億ウォン台半ばを大きく超えた数値だ。

売上高は前年同期比16.63%減少した9兆2398億ウォンを記録した。 当期純利益は8681億ウォンの赤字と集計された。

事業部門別に見れば、石油事業の営業利益は米国の異例の寒波による供給支障により、精製マージンが大幅に改善され、原油価格の上昇による在庫関連利益が拡大され、前四半期比6086億ウォン増加した4161億ウォンを記録した。

化学事業はPX、ベンゼンなどアロマティック系列製品のスプレッド改善及び前四半期の定期補修終了による販売量増加と在庫関連利益で、営業利益が前期対比1645億ウォン増加した1183億ウォンを記録した。

潤滑油事業は米国の寒波などグローバル供給支障が深刻化され、出荷量が減ることによって、販売量が減少したが、原油価格の上昇による在庫関連利益などの影響で、前四半期比118億ウォン増加した1371億ウォンを記録した。

石油開発事業の営業利益は販売量の増加及び販売単価の上昇で、前四半期比97億ウォン増加した113億ウォンを記録した。

バッテリー事業は販売量の増加で、前年同期比80%増えた5263億ウォンの売上高を記録した。ただ、営業利益は海外工場の初期費用増加影響で、1767億ウォンの赤字だ。

素材事業営業利益はリチウムイオンバッテリー分離膜(LiBS)中国工場の生産性向上及び原材料費の下落などコスト削減の影響で、前四半期比64億ウォン増加した317億ウォンを記録した。

SKイノベーションはLGエネルギーソリューションとのバッテリー訴訟による合意金2兆ウォンのうち、来年まで年間5000億ウォンずつ、計1兆ウォンの現金を支給する内容については現相場を適用、1四半期に9763億ウォンを損失で反映した。

SKイノベーション側は同日開かれた1四半期の業績企業説明会を通じ、"2023年、売り上げによるロイヤルティを支給することにしたこと以外に、追加で先反映する部分はない"と明らかにした。

バッテリー訴訟による不確実性を解消したSKイノベーションはバッテリー年間生産能力の拡大計画を従来の2025年100GWhから125GWhに修正した。

SKイノベーション側は"バッテリー市場が急激に成長するにつれ、既存の生産能力確保計画を修正した"、"不確実性が解消されたことを受け、これまで論議されたバッテリーの追加受注の件も近いうちに可視化されるだろう"と述べた。

素材事業のリチウムイオンバッテリー分離膜(LiBS)設備の増設は持続的に推進されており、生産能力は昨年末の年8億6000万平方メートルから今年末基準の13億6000万平方メートルに増加される予定だ。
top