​現代自、コンゴにパリセード500台輸出…アフリカ市場の開拓

박수정 기자

登録 : 2021-05-16 15:30 | 修正 : 2021-05-16 15:30

[​現代自、コンゴにパリセード500台輸出…アフリカ市場の開拓]



現代(ヒョンデ)自動車がコンゴ民主共和国(以下、コンゴ)政府に大型スポーツ・ユーティリティ・ビークル車両(SUV)のパリセード500台を供給し、アフリカ地域の新市場開拓に乗り出した。

16日、現代自動車によると、15日、京畿道平沢(キョンギド・ピョンテク)港からコンゴに輸出されるパリセード500台のうち、1次船積み分250台を載せた。

今回の供給は現代自が初めて中部アフリカ諸国の政府と結んだ大規模な契約だ。年初、現代自のコンゴの輸出目標(100台)の5倍、昨年の販売実績(45台)の10倍を超える規模だ。

現代自は今回の輸出が中部アフリカ地域の新市場を本格的に開拓する信号弾になるものと期待している。特に、トヨタなど日本ブランドが強気を見せていたアフリカ市場で、現代自の認知度を高める機会になるものとみられる。

先立って、現代自は今年3月、コンゴ政府が大統領執務室をはじめとする主要な公職者たちの業務用車両の提供に向けて進行した入札で、計500台規模の供給契約を獲得した。

現代自は今回の入札で、広くて快適な室内空間、さまざまな安全や便宜仕様、4輪駆動の安定的な走行性能はもちろん、政府の供給車両を担当するアフターサービス組織の構築、保証期間延長などの措置で、サービス競争力まで認められた。

残りの250台についた2次船積みは今月末、行われる予定だ。1次船積み分を含めた500台すべてが7月末までコンゴ政府に引き渡される。
top