先月の若者就業者、18万人↑・・・3分の2はアルバイトやパートタイム労働者を含む臨時職

양정미 기자

登録 : 2021-05-17 10:16 | 修正 : 2021-05-17 10:21

[写真=Gettyimagesbank]


先月、青年就業者が18万人近く増加したが、このうち相当数は契約期間が短い臨時職勤労者だったことが分かった。

統計庁が17日に発表したマイクロデータ分析結果によると、4月の若年層(15~29歳)就業者は383万2000人で、1年前より17万9000人増えた。

これは2000年8月の18万8000人増加以来、20年8ヵ月ぶりの最大の増加幅だ。青年層の雇用率も43.5%で昨年より2.6%ポイント上昇した。特に、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が発生する直前の2019年12月、青年雇用率が43.8%だったことを考慮すれば、青年層雇用はコロナ以前の水準を回復したと解釈される。

しかし、雇用の質的側面では回復が遅い。従事上の地位別には、先月の青年層就業者のうち臨時職勤労者が昨年同月比12万5000人増加し、最も大幅に増えた。

臨時職労働者は雇用契約期間が1カ月~1年未満の労働者である。アルバイトやパートタイム労働者も臨時職に含まれる。先月増加した青年就業者のうち、相当数が臨時職アルバイトだったわけだ。

相対的に安定的な働き口と分類される常用職勤労者も9万6000人増えたが、増加幅は臨時職より小さかった。日雇い(雇用契約期間1ヵ月未満)は3万7000人減少した。

職業別には、青年層の単純労務従事者が9万9000人増え、全体職業の中で最も大幅に増加した。韓国標準職業分類によると、単純労務職は数十分の職業内訓練で業務遂行が可能な単純かつ日常的な業務をする職業を意味する。建設現場の労働者や飲食の配達員、建物清掃員、警備員、家事手伝いなどが含まれる。

一方、専門家及び関連従事者は5万人、事務従事者と装置機械の操作及び組み立て従事者は1万6000人ずつの増加にとどまった。

青年層の失業者は42万5000人で、1年前より5万2000人増えた。失業率は10.0%で昨年より0.7%上昇した。

すなわち、青年層の雇用率と失業率が同時に上昇したが、臨時職就業者が最も多く増えたといえる。最近、若者層で実際に就職に成功した人と求職活動をする人がいずれも増えたが、質の高い仕事を見つけるのは難しい状況だ。

今後、青年層の安定的な雇用につながるかは未知数だ。韓国経営者総協会が全国の100人以上の企業504社を対象に実施した調査で、今年新規採用計画がある企業は全体の40.3%にとどまった。新規採用を決めていないと答えた企業が33.9%で、計画がない企業も25.8%に達した。
top