SKケミカル、中国廃プラスチックリサイクル企業に10%の持分投資

박수정 기자

登録 : 2021-05-17 14:09 | 修正 : 2021-05-17 14:09

[SKケミカル、中国廃プラスチックリサイクル企業に10%の持分投資]



SKケミカルが化学的リサイクルコポリエステル(PETG)の商業化のため、中国廃プラスチック(PET)リサイクル会社に投資する。

SKケミカルは廃ペット(PET)を化学的に分解する技術及び設備を持った中国企業「Shuye」に230億ウォンを投資して10%の持分を取得し、化学的リサイクル原料生産能力2万トン(t)の購入権限(Off-take)を確保したと17日、明らかにした。

その投資を通じ、化学的なリサイクル原料・ペット(PET)関連製品の韓国市場独占権も確保した。世界各国の使い捨て用品を減らすことと再生原料の使用拡大政策によって、急増するエコパッケージング市場の需要に先制的に対応するために下された決定だ。

最近、SKケミカルは3四半期、化学的リサイクルコポリエステル「ECOTRIA CR」を発売し、リサイクル品販売の割合を2025年50%まで拡大するという計画を発表し、関連計画に拍車をかけている。

現在、廃ペット(PET)をリサイクルする方法は物理的と化学的な方式に分けられる。物理的リサイクルは回収されたPETボトルなどを細かく粉砕して加工したリサイクル原料を混ぜて使用する方法だ。

化学的リサイクルはプラスチックを分解させ、純粋な原料の状態に戻し、高分子のプラスチックを製造する技術で、物理的なリサイクルに比べ、プラスチック製品の品質の低下なしに繰り返してリサイクルが可能な長所を持っている。

SKケミカルのコポリエステルは耐化学性が優秀で、厚さが厚い容器を作っても高い透明性を持っており、国内外の化粧品メーカー及び容器メーカーらの関心を受けている。これにSKケミカルはプラスチック廃棄物を減らし、再びリサイクルできる案について国内外のメーカーと積極的な協業を進めている。

一方、エコプラスチック市場の拡大に備え、コポリエステル生産設備の増設を来月末に完了し、ケミカルリサイクルコポリエステルの生産を通じ、ESG(環境・社会・支配構造)経営体系をさらに強化する計画だ。
top