LG、世界最高水準「超巨大AI」開発に3年間1132億ウォン投資する

박수정 기자

登録 : 2021-05-17 14:26 | 修正 : 2021-05-17 14:26

[LG、世界最高水準「超巨大AI」開発に3年間1132億ウォン投資する]



LGが人工知能(AI)の新しいパラダイムに浮上している「超巨大AI」を活用し、顧客価値の極大化に乗り出す。

超巨大AIが社会に定着すれば、テキスト・音声を活用して顧客の問い合わせに回答する顧客チャットボット・コールボットが文章や対話で表れる顧客の感情まで分析し、満足度の高いサービスを提供することも可能になる見込みだ。

LG AI研究院は17日、非対面方式で行われた「AIトークコンサート」を通じて今後3年間、膨大なデータを迅速に処理できる大規模なコンピューティングインフラの確保・開発に1億ドル(約1132億ウォン)以上の投資を断行すると発表した。

今回の投資の核心である「超巨大AI」開発に向け、1秒当たり9京5700兆回の演算処理が可能なグローバル「トップ3」水準のAIコンピューティングインフラを構築し、これを世界最高レベルに拡張していく計画だ。

超巨大AIは大容量の演算が可能なコンピューティングインフラを基盤に、大規模なデータを学習して総合的・自律的に思考、学習、判断、行動するAIだ。

LGはこのように人間の脳構造に似た超巨大AIを今年下半期に公開する予定だ。LGの超巨大AIは米国AI研究所「オープンAI」が開発した、現存する最も優れた超巨大AI言語モデル「GPT-3」より3倍以上多い6000億個パラメータを備えているという。

パラメータは人間の脳でニューロンを連結し、情報を学習して記憶する役割を担当するシナプスと類似した役割をするが、パラメータの規模が大きくなるほどAI知能が高くなる。

LGの超巨大AIはGPT-3の人間のような自然な対話、エッセイ・小説創作などの能力に加え、イメージ・映像を理解してデータ推論まで可能だ。

LG AI研究院は来年上半期に兆単位パラメータの超巨大AIも開発する予定だ。LGはグローバル製造企業のうち、これと同じ規模の超巨大AIの開発は初の事例になるものと見ている。

LGはソフトウェア開発、データ分析、顧客相談など各分野の「上位1%の人間専門家」水準の力量を保有した超巨大AI開発を通じ、働く方式を画期的に革新、顧客価値を高め、より多くの「LGファン」を確保するという戦略だ。

超巨大AIを活用すれば、製品開発プロセスも画期的に改善できるものとみられる。従来の新製品を開発する時は改善・修正作業が発生すれば、専門ソフトウェア開発者たちが再び設計しなければならず、相当な時間が費やされた。しかし、超巨大AIを活用すれば、専門家が人間の言語で使用者へのインタフェースを記述、AIがソフトウェアコーディングを進行する方式で製品開発プロセスを短縮できる。

LGは超巨大AIを活用して次世代バッテリー素材の発掘のため、250年間公開された化学分野の論文・特許を分析してデータベースを構築し、高効率発光素材を発掘するなど電気車・TV分野でリードしていくという抱負だ。この他にも△抗がんワクチン △エコプラスチック素材 △製品デザイン、商品の内部設計が可能な「創造的超巨大AI」などの開発にも乗り出す。
top