サムスン電子、自由に変更可能なディスプレイ開発

박수정 기자

登録 : 2021-06-07 15:31 | 修正 : 2021-06-07 15:31

[サムスン電子、自由に変更可能なディスプレイ開発]



サムスン電子が人の皮に付着し、体の動きによって自由自在に変形されながらも、性能低下が発生しない「ストレッチャブル(Stretchable)ディスプレイ」技術を一段階さらに発展させることに成功した。今後、ウェアラブル機器などに核心技術として活用されるものとみられる。

6日、サムスン電子によると、サムスン電子綜合技術院は4日(現地時間)、「ストレッチャブルセンサーと有機発光ダイオード(OLED)ディスプレイ開発研究」結果を国際学術誌「サイエンスアドバンシス(Science Advances)」に発表した。

今回の研究は長さを伸ばす延伸にともなう機器の性能安全性を具現して半導体工程に適用するなどストレッチャブル機器の商用化の可能性を業界で初めて立証したという意味がある。

研究陣はストレッチャブルOLEDディスプレイと光電脈波測定センサーを一つの機器に統合し、「ストレッチャブル電子皮膚肌」フォームファクタで構成した。ストレッチャブル機器基板に使用されたプラスチック素材を弾性力・復元力が優秀な高分子化合物「エラストマー(elastomer)」に交代したのが功を奏したものとみられる。

また、業界で初めて微細パターニング、対面的工程などが可能なフォトリソグラフィ工程を活用し、ディスプレイとセンサーを具現したりもした。

これと同時に、エラストマー領域には微細な亀裂を形成し、変形に対する安定性を高めた「延伸電極素材(Cracked Metal)」を適用した。これを通じてOLEDピクセル自体は変形されず、ピクセルの間の空間と配線電極が増えたり、縮むことができるように設計したのだ。

このような努力の結果、今回の研究に使用されたストレッチャブル電子皮膚はディスプレイ・センサーを30%増やしても性能が低下しないという事実が確認された。また、ディスプレイ・センサーは長さを1000回の反復して増やしても安定的に駆動した。

ストレッチャブルセンサーは肌のと接着性が優秀で、既存の固定型ウェアラブル機器センサーよりノイズ信号が少ない。これを通じ、高い感度で持続的な心臓搏動測定が可能である。

サムスン電子は今回の研究を通じ、エラストマー素材の耐化学性・耐熱性を確保し、高解像大画面で携帯性も備えた次世代フリーフォームディスプレイ研究で商用化の可能性を立証したという成果を出したことに意味を付与した。

今回の研究結果が従来のストレッチャブル素材をはじめ、素子の性能や工程の限界を克服した結果だという説明だ。 ストレッチャブル技術は最近、活発に研究が進められているフリーフォームディスプレイ具現の中核技術として知られている。
top