KDI、2ヵ月連続『景気回復』診断・・・「原材料価格、インフレ圧力として作用」

양정미 기자

登録 : 2021-06-07 15:57 | 修正 : 2021-06-07 15:57

[写真=聯合ニュース]


韓国開発研究院(KDI)は2ヵ月連続して韓国経済が緩やかに回復していると診断した。ただ、対面サービス業の持ち直しは微弱であり、雇用は量的には増加したものの、質的側面では低迷していると分析した。また、原油価格の上昇など国際原材料価格の上昇による需給不均衡は、経済回復を制約する可能性があると懸念した。

KDIは7日、『6月の経済動向』を通じで「最近の韓国経済は輸出が良好な流れを維持しており、消費低迷も緩和されて景気が緩やかに回復している」と評価した。

KDIは去る4月の経済動向で8カ月ぶりに『景気低迷緩和』と評価し、続いて5月には『景気回復』という表現でレベルを再度修正した。

4月の全産業生産は鉱工業生産とサービス業生産が大幅に増加し、8.8%の増加率を見せた。製造業は、基底効果によって出荷増加幅が3.4%から13.5%に拡大したが、在庫率が102.4%に小幅上昇し、平均稼働率は73.8%に落ちた。

KDIは「内外の環境を考慮すれば製造業改善の流れは続くと予想されるが、サービス業を中心としたサービス業の回復は弱い」と判断した。消費関連クレジットカードの売上高が減少に転じるなど、内需景気の回復傾向が制限されているからだ。

商品輸出は、多くの品目で大幅に増加し、堅実な改善の流れを示している。5月の輸出は45.6%の高い伸び率を記録した。これは昨年5月、世界主要国の封鎖措置で輸出が-23.7%に急減したことによる基底効果が反映された結果だ。

KDIは「基底効果を排除した季節調整前月比一日平均輸出額も6.8%増加し、輸出改善の流れは持続すると判断される」と説明した。

設備投資も機械類を中心に良好な流れが続いた。4月の設備投資は前月(9.5%)より高い16.8%の増加率を記録した。機械類(23.9%)は、半導体関連特殊産業用機械(43.6%)と一般機械類(32.4%)で高い伸び率を示した。先行指標である5月の資本財輸入額は、前月(33.8%)に続き16.1%の高い伸び率を記録し、良好な流れを維持した。

消費心理も急速に改善していると評価した。4月の小売販売額は景気回復に対する期待と基底効果が働き、前月(10.9%)に続いて8.6%の高い伸び率を維持した。季節調整前月比でも小売販売額は準耐久財(4.3%)を中心に2.3%の良好な増加率を記録した。

ただ、コロナ拡散が続き、対面サービス業は依然として低迷している。

世界経済は、米国や中国を中心に急回復し、輸出や設備投資が大幅に増加している。しかし、グローバル原材料や中間財需給の不均衡は、今後の景気回復の危険要因として働く可能性があると見込んだ。

KDIは「車両向け半導体と鉄鋼など建設資材需給に支障が発生し、製造業と建設業生産が一時的に制約される可能性がある」とし「原油価格をはじめとする原材料価格の急騰はインフレ上昇圧力として作用している」と分析した。

労働市場では、就業者数が基底効果によって量的には増加したものの、質的側面を考慮した雇用環境は依然として低迷していると診断した。
top