斗山重工業、国内最大の海上風力団地に対する機資材の供給契約

박수정 기자

登録 : 2021-06-07 16:24 | 修正 : 2021-06-07 16:24

[斗山重工業、国内最大の海上風力団地に対する機資材の供給契約]



斗山重工業が国内最大規模の海上風力団地についた機資材供給を受注した。

斗山重工業は韓国電力技術と100MW規模の済州翰林(ハンリム)海上風力機資材供給契約を締結したと7日、明らかにした。斗山重工業は技術、価格を総合評価した競争入札を通じ、2019年、優先交渉対象者に選ばれている。

今回の契約締結で、斗山重工業は5.56MW級の海上風力発電機18機を供給する予定だ。契約金額は約1900億ウォン規模で、竣工後の風力発電機の長期メンテナンス契約も別途締結する予定だ。

済州翰林海上風力事業は済州市北西部の翰林港付近の海上に造成され、事業主は韓国電力、中部発電、現代建設、韓国電力技術などで構成された済州翰林海上風力(株)だ。EPCは現代建設、韓国電力技術、韓国エネルギー総合技術などが共同で遂行し、斗山重工業は風力発電機の製作・納入及びメンテナンスサービスを供給する。総合竣工は2024年4月に予定されている。

斗山重工業が供給する5.56MWの海上風力発電機は翼の長さだけで68mに達する大型製品だ。最大70m/sの強い台風にも耐えることができるように設計されており、実際に済州金寧(キムニョン)に設置された試作品は2016年、最大瞬間風速56.5m/sを記録した台風にも正常に稼動した。

一方、斗山重工業は今年初め、昌原(チャンウォン)本社に風力2工場を竣工し、人材も拡充するなど国内の海上風力の受注物量の増加に積極的に備えている。斗山重工業は現在、約400社余りの国内風力企業と協力している。
top