SKハイニックス、賃金8%引き上げに合意…新卒初任給5040万ウォン

박수정 기자

登録 : 2021-06-10 13:17 | 修正 : 2021-06-10 13:17

[SKハイニックス、賃金8%引き上げに合意…新卒初任給5040万ウォン]



SKハイニックスは今年の賃金を平均8%引き上げることに合意した。合意案が労組の賛成を得て可決されれば、この会社の新卒技術事務職の初任年俸は5040万ウォンになる。これはサムスン電子の今年の新卒初任給4800万ウォンを超えるのだ。

9日、SKハイニックスによると、会社側と韓国労総傘下の利川(イチョン)・清州(チョンジュ)事業所生産職労組は7日に会社側と、民主労総傘下の技術・事務職労組は前日、賃金交渉に決着をつけた。労使暫定合意案によると、生産職と技術・事務職すべて賃金が前年比8.07%引き上げられる。

これによると、今年1月に入社した新卒新入社員の初任年俸は5040万ウォンに策定される。また、ここに賃金交渉妥結特別激励金として250万ウォンを支給することにした。

SKハイニックスの労使は基本給の1000%を上限としている超過利益分配金(PS)については支給限度を超過する営業利益が発生する場合、来年1月にまた議論することにした。SKハイニックスの各労組は11日、代議員会議を開き、賛否投票を経て、賃金引上げ案を最終確定する計画だ。

一方、先立ってサムスン電子は今年の平均賃金引き上げ率を7.5%に決定した。これによって、新卒新入社員の初任給は4450万ウォンから4800万ウォンに引き上げられた。
top