鄭義宣会長、英国オートカー「最高の栄誉賞」受賞…「現代自グループ成長の主要原動力」

박수정 기자

登録 : 2021-06-10 13:42 | 修正 : 2021-06-10 13:45

[鄭義宣会長、英国オートカー「最高の栄誉賞」受賞…「現代自グループ成長の主要原動力」]



鄭義宣(チョン・ウィソン)現代(ヒョンデ)自動車グループ会長がグローバル自動車業界から成果を認められた。

現代自グループは鄭会長が8日(現地時間)、英国自動車専門誌「オートカー」が主管する「2021オートカーアワード」で、「イシゴニス(Issigonis)トロフィー」を受賞したと発表した。同日の行事はオンラインで行われた。

オートカーは1895年、世界で初めて発刊された自動車専門誌だ。オートカーは毎年、グローバル自動車業界で注目すべき成果を収めた人物と製品を選定して授賞している。

鄭会長が受賞したイシゴニストロフィーはオートカーアワードの中で最高栄誉の賞である。小型車ブランドのミニ(Mini)モデルを開発した伝説的な自動車デザイナー兼エンジニアであるアレック・イシゴニスの名前を借用して命名された。

イシゴニストロフィーの歴代の主要受賞者は2014年、ロン・デニスマクラーレン会長をはじめ、2018年、豊田章男トヨタ社長、2019年、ディーター・ツェッチェダイムラー会長、2020年、ハカン・サムエルソンボルボ最高経営者(CEO)など世界自動車業界を導いた人物たちだ(当時職位基準)。

オートカー側は"この10年、現代自グループは世界屈指の自動車グループに成長しており、鄭会長はこのような変革の原動力"とし、"10年前の現代自・起亜は興味深いブランドではなかったが、鄭義宣会長のリーダーシップで、主要トップメーカーと対等に競争し、驚くべきの成果を収めることができた"と説明した。

また、"現代自グループは現代自Nブランドとジェネシスブランドなどを掲げて市場を拡大しており、電気自動車と水素の電気自動車分野では業界の先頭走者に浮上した"、"これ以上ライバル会社を追いつくとせず、むしろ他の自動車企業らが現代自動車グループを追撃している"と評価した。

鄭会長は"オートカーアワードのイシゴニストロフィーを受けるようになって光栄"とし、"アレック・イシゴニスさんが見せてくれた先駆的な革新は現代自グループの役員にインスピレーションの源となっている"と述べた。

彼は"この栄誉は持続可能かつ顧客中心的なモビリティソリューションを通じて人類に貢献するという私たちの意志に活力を吹き込むだろう"とし、"顧客は現代自グループの唯一の存在理由で、顧客のためにより多くの機会を創出し、人類進歩に貢献する"と強調した。

一方、鄭会長は2006年、世界経済フォーラム(WEF)が選定する次世代グローバルリーダーに名前を上げている。2009年には輸出増大の功労を認められ、銀塔産業勲章を受賞した。今年は韓国自動車専門記者協会が主管する「2021 今年の人物」に選定された。
top