ハンファQセルズ、産業団地の遊休敷地に太陽光設置…「浦項ソーラーファクトリー」MOU締結

박수정 기자

登録 : 2021-06-10 14:10 | 修正 : 2021-06-10 14:10

[ハンファQセルズ、産業団地の遊休敷地に太陽光設置…「浦項ソーラーファクトリー」MOU締結]



ハンファソリューションのグリーンエネルギー事業部門、ハンファQセルズが浦項地域の産業団地内工場の屋根や遊休敷地を賃貸し、太陽光発電設備を設置する事業を開始する。

ハンファQセルズは9日、浦項市、韓国東西発展と「浦項ソーラーファクトリー」事業業務協約を締結したと10日、明らかにした。

事業規模は960億ウォン水準であり、計60MW(メガワット)規模の太陽光発電所の設置を目指す。この事業は再生可能エネルギー供給認証書(REC)の販売を通じて収益を得られ、参加企業らは工場内の遊休敷地を賃貸して収益を得る。

この業務協約で、浦項市は太陽光発電事業の許認可などの行政支援を担当し、ハンファQセルズは太陽光モジュールの納品とEPC(設計・調達・施工)、事業管理などを遂行する。東西発電は再生エネルギー供給認証書(REC)の売買と事業管理を共同進行する。今回の事業の収益金のうち、一部は地域社会との共生に向けて地域内の社会貢献事業に使用する計画だ。

企業は工場内の遊休敷地を活用して追加的な経済収益を創出することができ、太陽光発電所の事業権を得るための別途開発行為許可など行政手続きが必要なく、許認可に要する費用が少なく、早い期間内に設置が可能である。また、太陽光の設置により、工場内部の温度を一定に維持し、ユーティリティ運用時の費用を節減できる。
top