サムスン電子、0.64㎛超小型ピクセルイメージセンサーの発売

박수정 기자

登録 : 2021-06-10 14:23 | 修正 : 2021-06-10 14:23

[サムスン電子、0.64㎛超小型ピクセルイメージセンサーの発売]



サムスン電子が業界で最も小さなピクセルの大きさの0.64マイクロメートル(㎛、100万分の1メートル)の5000万画素イメージセンサー「アイソセルJN1」を発売した。超小型ピクセルで、モバイル機器カメラの画質が向上し、スリムなデザインを支援できるようになった。

10日、サムスン電子によると、アイソセルJN1は既存より小さい1/2.76インチ型のオプティカルフォーマット(センサーの大きさ)の高画素イメージセンサーだ。

アイソセルJN1は一つのピクセルの面積が従来の0.7㎛ピクセルのイメージセンサーより16%も小さい。これにカメラモジュールの高さを約10%減らし、スマートフォンカメラの突出現象を最小化することができる。

サムスン電子は暗い環境でもより鮮明なイメージを撮影できるように最新のイメージセンサー技術を搭載した。

まず、アイソセルJN1はピクセルが受け入れた光の損失とピクセル間の干渉現象を最小化したアイソセル2.0の設計を最適化し、アイソセルプラスに比べ感度を16%改善した。

トンネルの入り口のように明るくて暗い部分が同時にある環境では高い感度のイメージと低い感度のイメージのデータを活用し、幅広いコントラスト比を提供するInter-scene HDR機能も搭載した。

また、今回の製品にはダブルスーパーPD技術が初めて適用された。この技術は画素数が同じスーパーPDイメージセンサーに比べて自動焦点に活用するピクセル数を2倍増やし、60%少ない光量でも急速に焦点を合わせてくれる。

さらに、サムスン電子は開発初期からカメラレンズ、モジュールメーカーと協力し、アイソセルJN1が1/2.8インチ型製品と互換できる生態系を構築した。

モバイル機器の前面と後面の広角・超広角・望遠カメラなどに多く搭載される1/2.8インチ型製品のレンズ、モジュールなどと互換できるため、メーカーらが簡単にアイソセルJN1を適用することができる。特に、モバイル機器の前面に搭載し、セルフィーや団体撮影時にも高画質の写真を得ることができる。
top