現代自グループの社会貢献映像、米「クエスター・アワーズ」受賞

박수정 기자

登録 : 2021-06-14 15:13 | 修正 : 2021-06-14 15:18

[現代自グループの社会貢献映像、米「クエスター・アワーズ」受賞]



現代(ヒョンデ)自動車グループの社会貢献活動を盛り込んだ映像が米国クエスター・アワーズ(QUESTAR Awards)で銅賞を受賞し、広報映像の優秀性を認められた。

13日、現代自動車グループによると、会社は「より革新的な社会貢献のため」というタイトルの社会貢献活動の映像を通じ、国内企業の中では唯一、受賞の栄誉を抱いた。

米国モコム(MerComm)社の主管の「クエスター・アワーズ」はこの30年間、映像分野で世界的な伝統と権威を認められてきた。毎年様々なグローバル企業の広報映像の中で最高の作品を選定して授賞している。

現代自グループは今年、「持続可能性・企業の社会的責任」部門で金賞と銀賞のない銅像を受賞し、独創性とメッセージ伝達能力、デザインなどが認められた。

首相の映像にはグローバル企業市民として国連の持続可能発展目標の具現に積極的に参加している現代自グループの多様な社会貢献の努力が盛り込まれた。

脆弱階層の夢が実現できるよう支援し、青年らに起業と経済的自立の機会をプレゼントする「大学生教育ボランティア団Hジャンプスクール」、「H-オンドリーム社会的企業創業オーディション」をはじめ、低開発国家の成長と発展を支援する「グリーンライトプロジェクト」が代表的だ。

子ども交通安全と障害者、高齢者など交通弱者の支援に向けた「ロボカーポリ交通安全キャンペーン」、「青少年安全運転教育」および地球環境を保護するための「現代グリーンゾーンプロジェクト」、「ペトラ世界文化遺産保存活動」などもある。

会社関係者は"クオリティーの高い社会貢献活動コミュニケーションの製作を通じて社会的責務を果たすグループの努力を知らせる一方、顧客らが現代自動車グループをより近くて身近に感じることができるようにする"と述べた。
top