コスピ、0.09%高の3252.13で引け

양정미 기자

登録 : 2021-06-14 16:07 | 修正 : 2021-06-14 16:07

[写真=亜洲経済DB]


コスピが小幅上昇し、1週間ぶりに史上最高値を更新した。

14日、コスピは前取営業日より2.81ポイント(0.09%)高の3252.13で取引を終えた。これまでの最高値だった7日の終値3252.12より0.01ポイント高い水準だ。

コスピは前営業日より0.28ポイント(0.01%)高の3249.60で取引を開始し、取引時間中に騰落を繰り返したが、上昇で取引を終えた。

コスピ投資者別では、個人投資家が3545億ウォンの買い越しを記録した。一方、機関投資家は3330億ウォン、外国人投資家は245億ウォンをそれぞれ売り越した。

業種別では、紙・木材が3.02%高で取引を終え、サービス業(2.21%)、医薬品(1.95%)、電気・ガス業(1.83%)、非金属鉱物(1.15%)なども上昇で取引を終えた。一方、証券は0.96%下落した。このほか金融業(-0.82%)、保険業(-0.66%)、通信業(-0.61%)、鉄鋼・金属(-0.55%)なども下落した。

時価総額上位10銘柄のうち、セルトリオンは5.84%上昇し、カカオは5.17%上昇した。NAVER(3.89%)、サムスンバイオロジクス(0.95%)、サムスンSDI(0.16%)なども上昇を記録した。一方、LG化学は2.71%急落した。このほか、サムスン電子(-0.62%)、SKハイニックス(-0.78%)、現代車(-0.21%)、起亜(-1.45%)なども下落した。

コスダック指数は前営業日より6.28ポイント(0.63%)上昇した997.41で取引を終えた。コスダック指数は前日より1.67ポイント(0.17%)上げた992.80で取引を開始し、上昇傾向を維持した。

投資者別には、機関投資家が224億ウォン、個人投資家は122億ウォンをそれぞれ買い越した。しかし、外国人投資家は319億ウォンを売りさばいた。

時価総額上位10銘柄の中では、セルトリオン製薬が12.82%急騰した。そのほか、セルトリオンヘルスケア(4.93%)、カカオゲームズ(2.12%)、パールアビス(3.72%)、エコプロビーエム(0.05%)、エイチエルビー(0.30%)、シージェン(5.45%)、SKマテリアルズ(0.32%)、アルテオジェン(3.32%)なども上昇して取引を終えた。一方、CJ ENMは1.49%下落で取引を終えた。
top