具滋鎏会長"LS電線はエネルギー血管企業…ESG経営宣言"

박수정 기자

登録 : 2021-06-14 16:28 | 修正 : 2021-06-14 16:28

[具滋鎏会長"LS電線はエネルギー血管企業…ESG経営宣言"]



具滋鎏(グ・ジャヨプ)LS電線会長が企業の時代的課題に浮上した「ESG経営」を積極的に推進すると宣言した。

具会長は14日、京畿道安養のLSタワーで、ESG経営ビジョン宣布式を行い、「持続可能な未来を先導するNo.1エコケーブルソリューション」をビジョンとして提示し、このように明らかにした。

これを受け、LS電線はESG委員会と専従部署を新設し、エコ製品の開発や安全管理などを強化する。 また、2050年までに全事業所で使用電力の100%を再生エネルギーで賄う「RE100」を推進する。

LS電線は核心課題として、△グリーンインフラの革新による気候変動への対応 △安全最優先事業場の実現 △公正で透明なESG経営の実践などを選定した。

具会長はこの日、ESG経営宣布の記念あいさつで、“産業全般にエネルギーと情報を伝える「血管」の責任を持つ企業として、健康な地球を取り戻す努力に参加し、企業の社会的価値を実現するためにESG経営を宣言する”と述べた。

LS電線はRE100を2024年、東海事業所、2025年、ポーランド事業場で相次いで達成し、以降、全事業場に拡大していく予定だ。

LS電線は生産製品のうち、エコ製品の割合も2030年、50%に増やす計画だ。また、顧客の廃ケーブルを回収してリサイクルするシステムを構築、販売した製品の廃棄まで責任を負うという方針だ。

協力会社のESG経営も支援する。協力会社の安全事故予防とESG経営基準の確立、再生エネルギー使用の拡大などのためのコンサルティングなどを提供する。
top