LGディスプレイ、透明OLEDで「モビリティディスプレイ」市場の拡大へ

박수정 기자

登録 : 2021-06-16 17:02 | 修正 : 2021-06-16 17:02

[LGディスプレイ、透明OLEDで「モビリティディスプレイ」市場の拡大へ]



LGディスプレイが透明有機発光ダイオード(OLED)を活用し、モビリティディスプレイ市場を狙い、シェア拡大に乗り出す。

LGディスプレイは1今年、釜山国際鉄道技術産業展に初めて参加し、鉄道用透明OLEDパネルを披露すると16日、明かにした。

同日から19日まで釜山ベクスコで開催される釜山国際鉄道技術産業展はグローバル鉄道関連会社約100社が参加する国内唯一の鉄道関連専門展示会だ。

LGディスプレイが今回の展示会で公開した透明度40%の55インチ透明OLEDパネルは客室の窓を代替できる鉄道特化製品だ。

高速で線路を走る列車に適合するように特殊強化ガラスを適用し、従来のパネルに比べ、衝撃と振動に強いのが特徴だ。

LGディスプレイは列車の窓に透明OLEDを適用すれば、外部の風景をみながら各種の運行情報、広告、エンターテインメントコンテンツなどを提供することができ、地下鉄、高速鉄道だけでなく、観光列車などでも活用度が高いものと期待している。

バックライトなく画素自ら光を出す透明OLEDは透明度が高いながらも、薄く軽いて多様なデザインを具現することができる。大型透明OLEDを量産できる企業は現在、LGディスプレイが唯一だ。

昨年から中国北京、深セン、福州などの地下鉄に透明OLEDパネルを供給しているLGディスプレイは今後、国内市場をはじめ、アジア、欧州、北米などに関連事業を拡大していくという計画だ。
top