企画財政次官「金融危機式のテーパリングの可能性低い・・・市場対応能力が強い」

양정미 기자

登録 : 2021-06-17 13:04 | 修正 : 2021-06-18 10:52

[写真=聯合ニュース(17日、ソウル中区銀行会館で開かれたマクロ経済金融会議で企画財政部のイ・オクウォン第1次官が発言している)]


政府が、米国のインフレやそれに伴うテーパリング(資産購入の縮小)の可能性など、最近取り上げられているリスク要因と関連し、韓国経済がいつにも増して強い市場対応能力を維持していると判断した。

企画財政部のイ・オクウォン第1次官は17日、ソウル銀行会館でマクロ経済金融会議を主宰し、「予測できなかった市場ショックを誘発した過去の世界金融危機当時の突然のテーパリングとは違う」と診断した。

彼は「すでに世界経済がこれを経験しており、連邦準備制度が市場と十分に疎通することによってこれまで十分に予測され適応してきたという点を考慮する必要がある」と述べた。

ただ「実際の通貨(金融)政策基調が転換した場合、その過程で起こり得る波及影響に対する不確実性が依然として残る」とし「政府は関係機関、民間専門家とともに潜在的なリスク要因と対応策を点検する」と付け加えた。

昨晩、連邦準備制度は米連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会議で政策金利を0.00~0.25%に据え置き、現在の量的緩和規模を維持することにした。完全雇用や平均2%インフレの目標達成まで、現水準の緩和的基調を保つという従来の立場も再確認した。

現在の経済状況については、ワクチン接種による米国内の新型コロナウイルス感染症(コロナ19)状況の改善などで経済活動と雇用指標が改善したと評価し、2021年の成長率と物価展望を上方修正した。また、今後の利上げを予想した委員の人数が増え、従来の『23年までのゼロ金利維持』の見通しが『23年2回利上げ』に変更された。

ただ、ジェローム・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は記者会見で「金融政策転換に必要な経済・雇用指標の相当な追加進展はまだ遠く、インフレも予想より高い」とし「一時的な要因が大きい」と評価した。

FOMC会議についてイ次官は「グローバル金融市場の変動性が多少拡大したことにより、韓国金融市場も一部影響を受ける可能性がある」とし、「韓国経済に対する自信を持ち、冷静かつ冷静に対応していく必要がある」と強調した。

また「韓国の外貨保有高は今年5月基準で4564億6000万ドルであり、過去最大規模」とし「パンデミック(世界的大流行)対応過程で買い戻し条件付き方式の外貨流動性供給網構築など新しい市場安定手段を拡充しただけでなく、韓米通貨スワップも延長された」と説明した。

さらに「去る1~10日、輸出が40%以上の増加を続けるなど実体経済の回復傾向が堅調で、国家不渡り危険を示す信用度指標であるCDSプレミアムは2008年の世界金融危機以降、最低水準(18bp)を維持している」と述べた。
top