現代モービス、LED適用「ライティンググリル」世界初開発

박수정 기자

登録 : 2021-06-17 14:41 | 修正 : 2021-06-17 15:59

[現代モービス、LED適用「ライティンググリル」世界初開発]



現代モービスが未来車時代に合わせて外部と交感をキーワードにするグリルを世界で初めて開発した。これを通じて走行効率を改善し、感性品質を強化して顧客会社の要求に応えるという方針だ。

現代モービスは車体の前面グリルに発光ダイオード(LED)照明機能を適用した「ライティンググリル」を開発したと17日、明らかにした。車両の状態と運行条件によって、グリル自体が開閉可能な「グリル一体式アクティブエアフラップ(Active Air Flap)」も一緒に公開した。

両技術ともに世界的に量産事例のない製品で、電気車と自律走行車のトレンド変化に合わせて差別化した研究成果と評価されている。

ライティンググリルは車両前面部のグリル全体を照明装置として活用できる技術だ。 △自律走行モード △電気自動車充電モード △ウェルカムライト機能 △サウンドビット表示 △非常警告灯表示など様々なシナリオを具現できるのが特徴だ。

単純照明効果ではなく、車両が他の車両や歩行者とコミュニケーションする手段として活用できるという意味だ。照明パターンを適用する方式によって、強烈かつユニークなデザイン効果も表すことができる。来年からは顧客会社プロモーションなどを通じて量産の適用を推進する。

グリル一体式アクティブエアフラップは冷却水の温度によってグリル自体が動きながら、エンジンやモーターの冷却のための走行風の流入を自動制御する技術である。これに照明機能まで活用したのだ。車両の暖房効率を向上させ、空気の抵抗を減らし、燃費を向上させることはもちろん、差別化された外観デザインパターンを具現することができる。

一方、現代モービスは昨年にも電気車グリルを活用した仮想エンジンサウンドシステムを世界で初めて開発したことがある。
top