LGエネルギーソリューション、世界最大規模で米国ESSプロジェクトにバッテリー供給

박수정 기자

登録 : 2021-06-17 14:56 | 修正 : 2021-06-17 15:32

[LGエネルギーソリューション、世界最大規模で米国ESSプロジェクトにバッテリー供給]



LGエネルギーソリューションは最近、米国の発電会社である「Vistra」がカリフォルニア州モントレ(Monterey)郡北東部のMoss Landing地域に稼動中の1.2GWh規模の電力網ESSにバッテリー供給を完了したと17日、明らかにした。

これは単一のESS供給先基準で世界最大規模で、米国カリフォルニア州の電力使用量が高いピーク時間帯に約22万5千世帯が使用できる容量だ。

Vistraは天然ガス、核、太陽光などを含め、米国内の39GW規模の発電設備能力を備えている発電会社だ。Vistraは昨年からカリフォルニア州のMoss Landing地域の天然ガス発電所の退役した老朽火力発電設備を電力用ESSなど再生エネルギーに代替するプロジェクトを進めている。

当該プロジェクトにはLGエネルギーソリューションのESSバッテリー新製品「TR 1300」ラックが供給された。従来はバッテリーパック(Pack)とラック(Rack)を該当ESSサイトに別途出荷させた後、現場で組み立てしてESSの設置を完了した。しかし、バッテリー製造工場でバッテリーパックをバッテリーラックに設置や組み立てを完了した後に出荷させ、ESSの現場設置時間と費用を減らした。

また、高性能バッテリーセル(Cell)が適用されたTR1300はバッテリーラックの2段積載(Double-Stacked)が可能で、空間効率性が高く、単位面積あたりのエネルギー密度も向上した。

TR 1300はバッテリー業界の最も厳格な火災関連の安全標準も満たしている。グローバル安全認証会社であるUL(UnderWriters Laboratories)のバッテリーエネルギー貯蔵システムの熱暴走火災の転移に対する安全性試験方法標準であるUL9540Aテストを実施し、火災は隣接したバッテリーラックで伝播されなかった。

一方、米国バイデン行政部は新再生エネルギーの拡大を通じ、2050年まで100%クリーンエネルギーへ転換するという目標を明らかにし、米国ESS市場は急激に成長するものと予想されている。世界的な市場調査会社のSNEリサーチによると、2020年基準で米国の電力網ESS市場規模は6.5GWhで、グローバル電力網ESS市場の約半分を占めている。2025年には現在より約9倍水準の55.3GWhへ拡大するものと予想される。
top