現代自・起亜、5月の欧州販売量 前年比2倍増加

박수정 기자

登録 : 2021-06-18 11:07 | 修正 : 2021-06-18 11:14

[現代自・起亜、5月の欧州販売量 前年比2倍増加]



現代自動車と起亜が新型コロナの影響による基底効果で、先月の欧州で昨年と比較し、2倍以上増えた販売実績を記録した。

17日、欧州自動車工業協会の集計によると、現代自・起亜は5月の欧州で前年同期比107.5%増加した8万8171台を販売した。

現代自は前年比104.9%増加した4万3865台を販売した。起亜は4万4306台で、110.2%増えた。

同期間の欧州全体市場規模は108万3795台で、前年同期比73.7%増加した。

これにより、現代自と起の欧州市場占有率は8.1%で、対前年比1.3%ポイント上昇した。現代自が4.0%で、0.6%ポイント増えており、起亜が4.1%で、0.7%ポイント増加した。

車種別に見ると、現代自では△ツーソン1万4468台 △コナ1万821台 △i20 5678台の順に多く売れた。起亜では△シード1万814台 △スポーテージ9064台 △ニロ7321台の順で多く販売された。

エコカーモデルではニロが7321台で、最も多く売れた。続き、△コナ6139台 △ツーソン5863台の順だ。

このうち、純粋な電気車は前年同期比126.4%増加した8746台が売れた。

先月、初めて集計された現代自動車の初の専用電気自動車「アイオニック5」の販売量は414台だった。

現代自・起亜の今年1∼5月の欧州累積販売量は38万8711台(現代自18万8185台、起亜20万526台)で、前年同期比37.3%増加した。
top